ターミネータ:新起動/ジェニシスのあらすじと感想!キャストが一新された作品

「ターミネータ:新起動/ジェニシス」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

公開日:2015年

 



[スポンサーリンク]


あらすじ

大ヒットシリーズ『ターミネーター』に、『ターミネーター3』以来となるアーノルド・シュワルツェネッガーが戻ってきたSFアクション大作です。

将来人類反乱軍を率いることになるジョン・コナーの母親を倒すため、未来から送り込まれたマシン、ターミネーターと、同型の古いターミネーターの直接対決を描いている映画です。約12年ぶりに本シリーズに復帰したアーノルド・シュワルツェネッガーの演技に注目!

2029年、ロサンゼルスでは人類抵抗軍が人工知能(スカイネット)による機械軍との戦いに終止符を打とうとしていた。

スクリーンショット_013017_095058_PM

そんななか、1997年、機械軍による核ミサイルで30億人もの命が奪われた“審判の日”以来の悲願がかなうときが目前に迫る。一方機械軍は、抵抗軍のリーダーであり、驚異的な力を持つ予言者ことジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)を生んだ母サラ・コナーを亡き者にすべく、1984年にターミネーターを送り込み……と、シリーズ1、2作をベースにした新たな物語がつづられていきます。

スクリーンショット_013017_095132_PM

ターミネーター役のアーノルド・シュワルツェネッガー以外のキャストを一新。監督は『マイティ・ソー ダーク・ワールド』のアラン・テイラー。

 

感想

シリーズ第1作目での『ターミネータ』では、か弱い女性として描かれていた『サラ・コナー』

昔からのファンにとっては、懐かしいシーンが多々織り込まれており、アーノルド・シュワルツェネッガー以外のキャストが一新されていても見ごたえありの映画です。



[スポンサーリンク]




スクリーンショット_013017_095207_PM

途中から、シリーズ第1・2作目とは違うストーリー展開に。

1997年の審判の日も伸び、今までは『スカイネット』がターゲットだったのが、徐々に映画のサブタイトルの『ジェニシス』の起動を阻止という目的へと変わり、

目が離せなくなっていきます。

さらに、抵抗軍のリーダーであるジョン・コナーに異変が…。

スクリーンショット_013017_095935_PM

人類滅亡までのカウントダウンが迫る中、2人の前に立ちはだかる人間でも機械でもない第3の存在が出現。

この第3の存在(ターミネータ:最新最強のT-3000)に、苦戦する、アーノルド・シュワルツェネッガー扮する『ターミナータ』『サラ・コナー』『カイル・リース』

この最新最強のT-3000ターミネーターの正体はいったい……?

また、意外な味方も現れたりと、楽しい部分も。

昔からのテーマ曲も変わらず、懐かしさ倍増。『ターミネータ:新起動〜ジェニシズ〜』は映画館の大きい画面で見るのが一番。

この『ターミネータ:新起動〜ジェニシス』は、今回でターミネータシリーズも終わりかと思いきや、まだまだ続きそうなストーリー展開に。

エンディングロールが流れても、席を立たずに最後の最後まで見ることをお勧めします。

Written by ヨガ

〜おまけ〜

ターミネーター好き必見!?

たった2万6000円であのシュアちゃんの

フィギュアが手に入ってしまう!!?

 



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ