トイ・ストーリー3のあらすじと感想!アニメっていいよね

「トイ・ストーリー3」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

公開日:2010年

 



[スポンサーリンク]


あらすじ

持ち主が目を離したとき、おもちゃたちはどうしているのか、

おもちゃたちの世界のストーリーの第三弾。

おもちゃ達の持ち主アンディは17歳になって、おもちゃと遊ぶこともなくなって、

おもちゃたちは長く遊んでもらっていない。

スクリーンショット_013017_081646_PM

そして、アンディはもうすぐ大学に進学のため、寮に引越ししようとしている。長年のお気に入りだったウッディだけを大学の寮につれていき、残りのおもちゃは屋根裏部屋にしまおうとしていた。

ところが、屋根裏部屋行きのおもちゃ達をママが間違ってゴミに出してしまう。なんとかゴミになることを逃れたおもちゃたちは、勘違いして完全に捨てられたと思い、

スクリーンショット_013017_081739_PM

 

地元の保育園へ寄付されるおもちゃの段ボールに入り込むことにする。サニーサイド保育園に到着した彼らは既にいるおもちゃたちに歓迎を受け、優しくて古株の保育園のおもちゃのリーダーのクマのぬいぐるみロッツォから、保育園の素晴らしさを聞き、保育園のおもちゃになることにする。

 

スクリーンショット_013017_081815_PM

 

仲間をアンディの元へつれもどるために同行していたウッディは、彼らが保育園を機に入り、そこにいることを決めたことから、諦めてひとりでサニーサイドを去が、外へで出たところで、おもちゃを大切にする少女ボニーに拾われ、ウッディーはボニーの家へつれていかれる。ボニーに遊んでもらったウッディーは、大切に遊んでもらうことの楽しさをかんじた。

そのころ、保育園の新入りおもちゃののバズとジェシーたちは、おもちゃを乱暴に扱う小さすぎる年少の子供たちの「イモムシ組」の部屋を割り当てられていた。

スクリーンショット_013017_081852_PM



[スポンサーリンク]




ひどい扱いに耐え兼ね、バズはロッツォに対し部屋へ移動させてくれるよう交渉するが、ロッツォの優しい態度は表向きで、ロッツォの恐怖による支配下にあり、新入りのほとんどはイモムシ組の部屋で数日の間に破壊され、ゴミとして捨てられていたのだった。ロッツォはアンディの家へ帰ろうとするバズたちを柵の中に閉じ込めて支配下に置き、彼らを見張る。

ボニーの家のおもちゃたちから、サニーサイド保育園がるロッツォによっておもちゃの地獄となっていることを知ったウッディは、仲間を救うために保育園へ帰り、仲間の救出を試みる。

 

感想

ウッディが自分はそのままでも大学へ連れて行ってもらえるのにもかかわらず、危険な保育園へ仲間を迎えに行き、ハラハラしながら、でも仲間が協力しながら脱出するようすは手に汗握り、スリルを楽しめます。

スクリーンショット_013017_081932_PM

ロッツォが本当に恐ろしく、手ごわいです。緊迫感が続く中、バービーとケンのやりとりなどは、大人が見て面白い男女のやり取りであったり、80年代の流行や服装や音楽が楽しめ、子供ではなく、ターゲットが大人であることがうかがえます。
おもちゃのストーリーですが、人に裏切られたり、自分の代わりがいて戻る場所がないというのは、誰しもが思い当たるエピソードであり、とても感情移入しやすく、胸が痛くなりました。

ロッツォをウッディが危険を顧みずにぎりぎりで助けた後、今度はロッツォが改心して皆の危機を救ってくれるか思うシーンで、それでも最後に裏切ったときは信じられない気持ちになりましたし、絶体絶命でゴミとともに融解される寸前に、仲間がみんな手をつないで覚悟を決めるところでは、涙が出ました。

誰しも、成長して卒業することがありますが、ものを大切にすること、相手を裏切らない事、仲間を大切にすることなど、人生に大切なことがちりばめられています。

ウッディの日本語声優を唐沢寿明さん、バズを所ジョージさんが演じており、日本語でもしっかり楽しめます。私は完全に日本語バージョンで見たので、段ボールには書いてある言葉なども日本語で、気楽に見ることが出来ました。

Written by けい

 



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ