映画イニシエーション・ラブのあらすじと感想!どう見ても1980年代には見えない

「イニシエーション・ラブ」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

公開日:2015年

 

 



[スポンサーリンク]


あらすじ

1980年代バブル真っ只中。side A :静岡に住む大学生の鈴木は人数合わせで呼ばれた合コンで同じく静岡に住む歯科助手のマユに出会う。マユは愛らしく優しく、お洒落な女の子。鈴木はマユに惹かれ、またマユも鈴木に惹かれていく。

スクリーンショット_013017_082219_PM

晴れて二人は付き合うことになる。だが容姿に自信のなかった鈴木はお洒落なマユに釣り合うように、とセンスを磨こうと決意する。マユの希望である自動車運転免許も取得し、デートを楽しんでいた。しかし大学を卒業した鈴木は仕事の為に東京へ行くことになる。

side B:遠距離になった二人だが、週末は出来る限りマユに会うために静岡へ車を走らせる鈴木。節約をしながらマユに会いに行く鈴木だが、職場の同僚である大人っぽく美人な女性、美弥子に好意を寄せられ気になっていく。

スクリーンショット_013017_082301_PM

可愛らしいがあどけなさの残るマユと、気遣いや余裕のある美弥子。東京では美弥子と、静岡ではマユと過ごすのだが、ある日名前を呼び間違えたことからマユとの関係に終わりがくる。

 

ある夜鈴木は美弥子と間違えてマユに電話を掛ける。「タっくん・・・?」マユは電話に出るなり鈴木の愛称を真っ先に呼んだ。別れて最初のクリスマス。美弥子とすごす鈴木だが電話の声が忘れられず、マユと約束していた静岡のレストランへ車を走らせる・・・。

 

感想

マユ役の前田敦子さんですが、可愛らしさや無邪気さなどは出せていたと思います。

ただし、どうしても1980年代には見えませんでした。



[スポンサーリンク]




スクリーンショット_013017_082415_PM

メイクさんなどの力もあるかとは思いますが、眉毛や口紅なども薄めで、

また東京に住む美弥子役の木村文乃さんも美人なのですが服装などがどう見ても現代物でした。

 

肩パットやタイトなミニスカート、カラースーツなど手に入れるのは困難かもしれませんがもっと拘って世界観を出していただきたかったな、とゆう印象です。点々とレアな品も登場しているのですが、世界観が統一されておらず中途半端すぎました。

ネタバレになりますが鈴木は二人の鈴木が登場します。小説上は全て一人の人物として扱い、最後には実は鈴木とゆう人物が二人おり、マユが二人の鈴木と同時進行で付き合っている小悪魔、とゆうような内容になり読者の方に衝撃を与えたのでは、と思います。

 

ですが、ラスト5分に全てが翻る、とゆうような告知でしたので、どうしても最初からおかしい部分を探りながら見てしまったためそのような驚きは感じられませんでした。

 

映画の中のside B:鈴木(松田翔太)は節約しつつ、マユを見続けようと努力していたりする部分があるとは思うのですが、それが映画のなかで十分に出ておらず、怒ると暴力にでる身勝手な男に終わっているところは勿体ないな、と思いました。

 

私の一押しはside A:鈴木を演じた方なのですが、名前がわからず申し訳ないです。ぽっちゃり体型で恋愛に縁のなかった男性を演じ、マユに惹かれていく様子や頑張りがストレートに伝わり、応援したくなりました。総評として、やはり浮気はよくないかな、と。映画を見ればタイトルの意味が理解できるかと思います。

 

作者:rino

 

⬇原作の文庫本⬇

イニシエーション・ラブ

イニシエーション・ラブ
価格:626円(税込、送料別)



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ