映画チョコレートドーナツのあらすじと感想!家族の愛情を考えさせられる映画

「チョコレートドーナツ」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

公開日:2012年

 



[スポンサーリンク]


あらすじ

1970年代アメリカ、ショーダンサーとして生計を立てるルディは男性との関係を重視した母親に育てられる、同じアパートのダウン症の少年マルコに出会う。

マルコはアパートの部屋の外に追い出されており、ルディを保護した。偶然出会い、愛し合ったゲイの弁護士のポールに相談し、3人は一緒に暮らすようになる。

スクリーンショット_013017_093239_PM

マルコは学校に通いはじめ、ルディは録音機でデモテープを送る。映画のタイトルチョコレートドーナツはマルコが好きな食べ物だ。3人は家族だった。

そして彼らの幸せの形を築いていっていた。
ところが、当時アメリカで、ゲイであることは今よりもひどい差別の対象だったのだ。

スクリーンショット_013017_093207_PM

そして、ルディとポールがマルコを育てることはマルコにとって悪影響であり、引き離すべきだと裁判される。またポールはゲイであることから同僚に嫌がらせを受ける。

裁判ではマルコの学校の先生が他の家族と比べてもマルコへの愛情に問題はない、など証言してくれる。その一方でーー。
これは実話をもとにした、物語である。

 

感想

映画を見たあとの絶望感がたまらなかった。血か、法律か。家族とは、家族の愛情とは何なのだろうか、ということについて考えさせられた。



[スポンサーリンク]




男性との情事の間アパートの部屋の外へ出され、親から忘れられたマルコにとって、ルディが「食事にドーナツだなんて」と言われながらポールにドーナツを買ってもらう生活、あるいは、学校へ通い学び友達を作る生活の方が、「幸せ」ではなかったのだろうか。

スクリーンショット_013017_093320_PM

ルディやポールとの生活が悪影響だとされ、施設へ送られたマルコが迎えた映画の結末を見ると、絶望感を感じずにはいられなかった。またゲイへの差別についても強く考えさせられる映画であった。

今日、アメリカで同性婚ができないことが最高裁で違憲だと判決されたこと、渋谷の同性カップルへの証明書を発行するパートナーシップ条例が制定されていることなどから、70年代を舞台とした映画でありながらタイムリーな映画でもあるといえるだろう。
ショーダンサーへの差別や、子どもを預けるところが無い保護者の抱える問題も垣間見えた。学校へ行く前のマルコを、一人にできないからと仕事場のキャバレー(?パブ?)へ連れて行った。

 

 

大人のジョーク飛び交うその場が、マルコへのまた新たな悪影響の一つであると裁判で言われることとなるのは、今の待機児童の問題と照らしてもとても悲しかった。
また、クライマックスでルディが歌うシーンは、怒りや憤り、いたたまれない気持ち、様々な感情が伝わってきて感涙した。扱うテーマやストーリーと並び、音楽も感動する映画だった。



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ