映画俺はまだ本気出してないだけのあらすじと感想!見ても本気は出せない映画

「俺はまだ本気出してないだけ」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

公開日:2013年

 



[スポンサーリンク]


あらすじ

大黒シズオ・42才は高校生の娘と年金暮らしの実父の三人で暮らしている。働き盛りのシズオは「自分に後悔する生き方をしたくない。」という中学生みたいな理由からいきなり会社を自ら退職。

現在生計は実父の年金と自分のアルバイトで立てている始末。しかし、大してやりたいことも無く思いつくがままに仕事を辞めたシズオ。

バイト以外の日はゴロゴロしている始末。日々、実父に怒鳴られつつ生活をしている。
そんなある日、シズオは思い付きで「漫画家になる」という突拍子も無い夢を家族の前で宣言する。

もちろん実父は呆れ果て、泣きながらも「就職活動をしろ」という。しかし、娘の鈴子は相変わらず物静かに見守るだけ。
久しぶりにやる気をみせるシズオ。幼馴染で堅実なサラリーマンの宮田やアルバイトで知り合ったフリーター市野沢に無い筈の愚痴をこぼしつつ漫画家を目指し始める。

 

だが、そんなに上手くいくはずも無く作品は次々没にされてしまう。そんな中で娘の鈴子の「頑張って」という言葉で一念発起してまた頑張るのであった。

 

感想

キャスティングが最高だった。堤真一演じる大黒シズオは自分の生活圏内にいたら本当に腹立たしいが、何故か嫌いになれないというよくいる不思議な男でした。

シズオの社会不適合者っぷり等が本当に面白くて何度見ても飽きません。いい年こいて凄い訳が分からないことを言っているシズオは「ああ、いるだろうなこんな奴」と思わせてくれるキャラクターでした。これは、包み真一じゃなきゃ演じられないキャラクターだな、と思いました。

 

また、幼馴染の宮田役を生瀬勝久、フリーター役を山田孝之を演じていたのですが本当に豪華キャスティングだな~と思いました。生瀬さんは珍しくまじめな人をやっていて本当にこの人も役の幅が広いな、と感心しました。山田孝之さんもカメレオンみたいな演技力だな、と本当に安心して見れるキャスティングでした。



[スポンサーリンク]




 

また、私は個人的に石橋蓮司さんが個人的に凄く好きなのですが、あの股引姿がとても味がありました。
私はシズオと本物の店長が話してるシーンが凄く面白いと感じました。「大人だよね?ちゃんとしようよ。」と、シズオに冷静に言う店長は作中で一番シズオを冷静に叱れている人だと思いました。

 

他にはシズオを褒めちぎる村上氏との打ち合わせのシーンも大好きでした。「大黒さん…描けないジャンル、無いんじゃないんですか?」とシズオに言い放ったときには思わず吹いてしまいました。
また、鈴子の父親思いなところは感動的でした。何ていうんでしょうかね、笑いあり・涙ありという月並みな言葉かもしれませんがそのように表現させて頂くのが一番ピッタリかもしれません。

 

まあ、笑いが9割ですがね。
人生に落ち込んだときとかに見たら自分の悩みが馬鹿らしいと感じるかもしれません。気晴らしに見ることをオススメします。



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ