映画パラダイス・キスのあらすじと感想!向井理の王子様姿

「パラダイス・キス」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

公開日:2011年

 



[スポンサーリンク]


あらすじ

大ヒットした少女漫画の実写映画版。北川景子演じる主人公の紫は名門私立高校に通う女子高生。進路は当たり前のように大学進学するものだと思っていたが、漠然ともやもやとした気分でいた。

そんな時、ひょんなことからパラダイス・キスのメンバーと出会い、その中でもジョージとの出会いで人生が180度変わる。。
初めて母に反抗し、家を出て、ジョージの家に住むことになる。モデルとして徐々に開花する紫は、最初は意地になって始めていたのに、次第にこれが自分の道ではないのかと思い始める。

スクリーンショット_013017_110412_PM

矢沢学園の卒業作品ステージ本番前、舞台裏で初めてやって見せたガタガタのウォーキングを見たパラダイスキスメンバーは驚愕。
しかしジョージの一言で魔法がかかり、紫は会場中の人が息をのむような美しさ、圧倒的な存在感で皆を虜にする。その姿にジョージまでもが圧倒される。

そして結果発表の時、パラダイスキスの行方は?ジョージは?紫は?ジョージと紫の恋は??面白くて目が離せず、北川景子ちゃんの美しさにほれぼれして見入ってしまいました。

 

感想

女の子ならだれでも一度は夢見るシンデレラストーリーです。そして、もともと矢沢あいさんのファンの方でもがっかりせず、むしろ矢沢ワールドをいい感じに出してくれている作品でした。



[スポンサーリンク]




スクリーンショット_013017_110442_PM

冒頭から飾り気無い制服姿の北川景子ちゃんが可愛いのですが、どんどん磨かれていく姿、その美しさには同性同士でも好きになってしまいそうなほど陶酔してしまいます。

モデルシーンでの輝きは、さすが本物のモデル出身、といった圧倒的なオーラを見せつけてくれるのでとても気持ちがいいです。
途中から前髪がオンザ眉になるのですが、それがあまりにも可愛くて、これを見た次の週に美容院に行ってその時の写真を見せて、髪型、まねさせて頂きました。

誰が見ても可愛い、綺麗。本当に適役です。また、向井理ファンの方にもたまらない作品なんだろうなと思ってみていました。まさに、王子様。クールでおしゃれで背が高くて高嶺の男、育ちは良くて性格も良くてモテて天才肌で、、、、なんという完璧な王子様像でしょうか。

スクリーンショット_013017_110510_PM

私は女ですが、もし自分が男で、同じクラスの男子だったらすごく嫌だっただろうなと思います。勝ち目がないので。しかしそのキャラクターがジョージをいい感じに映し出してくれていました。

漫画を読んだ限りでの私の個人的なイメージは、ジョージはもっともっとジャニーズというか、欧米系の目鼻立ちくっきりの濃い顔をイメージしていて、紫役も柴咲コウさんのようなド迫力美人を想像していたのですが、北川景子さんも向井理さんもとってもはまっていて、このキャスティング見事だなぁと一人で感心していました。

 

そして、この映画、原作の漫画もそうなんですが、なんかいっぱい名言言ってくれます。いいこといっぱい言ってくれます。感じ方はひとそれぞれだと思いますが、私はジョージの言葉にドキっとしました。ジョージの言葉を聞いて、紫が自分で世界を切り開いていく姿を見ていて、ちょうど将来に迷っていた私も、自分で、自分の意志で決めて生きていかなくちゃと改めて思い直させてもらいました。



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ