映画アオハライドのあらすじと感想!こんな青春を送りたかった

「アオハライド_映画」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)-2

公開日:2014年

 



[スポンサーリンク]


あらすじ

吉岡双葉→高校2年生女の子。
中学生の時洸のことが好きだった。
馬渕洸→旧姓は田中。

 

双葉と同じ歳で中学の時双葉が好きだったが
訳あって長崎に転校した。
槙田悠里→高校2年生の女の子。
双葉と友だちになるが
洸のことが好き。

 

村尾修子→洸のお兄さんでクラスの担任である
田中先生のことが好き。
小湊亜耶→洸の親友。
洸を過去から連れ戻したいと思っている。
修子のことが好き。

 

菊池冬真→洸を追いかける双葉を見て
双葉のことが好きになる。
成海唯→洸の長崎の時の同級生。
洸と同じ状況になり洸を頼る。

スクリーンショット_013017_104924_PM

高校2年生の春。
吉岡双葉は恋愛よりも友達を優先し
ただ友達に本音をぶつけることができず
息苦しい思いをしていた。

そんな時馬渕洸が同じクラスに転校してきた。
吉岡双葉は馬渕洸を一目見て、
中学一年生の時に両想いだったが
花火の約束を後に転校してしまった

田中洸だとすぐに見抜いた。
ただ馬渕洸は昔のよく笑う
田中洸とは全く違う。

冷たい態度を取る洸だが
洸の言葉で双葉は
今自分の現状が友だちごっこであると気づき
本当の友だちと呼べる

亜耶と修子と悠里と仲良くなる。
5人は仲良くなり一緒に行動するようになる。
その中で双葉は洸が転校した理由や
笑わなくなった理由を知る。

洸が転校した理由は親の離婚であった。
そして洸が戻ってきた理由は
母が亡き人となったためだった。
双葉はそれを知り

洸に言葉を投げかけ
心を開きそうな洸だったが
そこに長崎の同級生成海唯から連絡がくる。

内容は洸と同じように
親が離婚し父親に引き取られたが
父親が亡くなったという話しであった。
それを聞いた洸は成海のそばにいてあげないとという
義務心から双葉のことを遠ざける。

その頃双葉のことを好きな
菊池冬真が現れ冬真は双葉に告白し
考えてみてと告げる。

双葉は冬真だったら洸のことを
忘れられるかもしれないと葛藤する。
それから一緒に時間が増えた双葉と冬真に
見る度嫉妬する洸。

ただ成海からの連絡は途絶えない。
そして高校生活で大きなイベントの修学旅行。
この修学旅行(長崎)をきっかけに、
洸は過去と向き合うことになる。

洸は双葉に背中を押され思い出の地へと踏み込む。
母親がよく来ていた教会で新婦さんが
願いごとを書いたノートを洸に差し出す。
そこには母親の願いごとが書いてあった。

それは「洸が幸せになりますように」等洸のことばかりであった。
それを見た洸は泣き崩れる。
そして洸は自分が幸せになってもいいと気付く。
それから洸は成海の所へ
双葉は冬真の所へ行き
一緒にいることはできないと告げる。



[スポンサーリンク]




洸は双葉を呼び出し告白をする
2人はいつかと同じ朝焼けを見ながらキスをする。

 

感想

スクリーンショット_013017_104953_PM

最初はどうなることかとドキドキして
双葉と洸がくっつくかと思えば
またすれ違いが起きたり
一筋縄では行かないなと思いました!

洸の心境を一番理解できる成海の登場で
双葉の気持ちを考えると
自分まで胸が痛くなったり……。
双葉のことを好きな冬真が現れたり!

個人的に冬真君大好きです(笑)
学祭のギター姿には惚れ惚れしましたし
何より洸に嫉妬し行動に移す冬真が
とてもかっこよく見えました!

話がズレましたが
私は洸に拒否されても
真っ直ぐぶつかって行く双葉を見て「もっと行け!」と思ったり
洸の不器用な優しさが
素直にかっこよかったり。

本当に青春だなーと思いました!
そして最後は洸の母親の気持ちが
しっかりと洸に届き、

感動のあまり涙が止まらなくなりました。
自分の体のことよりも
息子の幸せを願う。

母としてあるべき姿でした。
何年も過去の中にいた洸の時間が
しっかりとまた動きだして
本当によかったです。

その中で双葉がしっかりと
洸を後押しする姿もあり
洸に一人じゃないと気づいてほしい!と
何故か私が思ってしまいました(笑)
そして洸が双葉に告白するシーン。

何年も思い続けてきた2人が
ようやくくっつくのかと
感情移入しニヤニヤしてしまいました(笑)

たくさんの障害物を乗り越え
焦れったい場面が何度もありましたが
それも2人を繋ぐ一つの道だったんだなーと。

率直に言うと
こんな高校生活を送りたかったなーと
心底思わせてくれる映画でした!
とてもおすすめなので是非一度見てください!



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ