映画セッションのあらすじと感想音楽オタクでも楽しめる作品

「映画_セッション」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

公開日:2014年



[スポンサーリンク]


あらすじ

ドラマーを目指し、音楽学校へ進学した主人公のアンドリュー・ニーマン。ある日、ニーマンの練習室に一人の教授が顔を出した。彼こそニーマンが目標とし、学内最高といわれるバンドを率いるフレッチャー教授であった。
彼から指名を受けバンドに所属することになったニーマンは有頂天。自分の才能が認められた、将来が約束されたと喜ぶが…
バンドの練習に参加した初日、ニーマンは衝撃を受けることとなる。
フレッチャー教授は「スパルタ」の域を超えた完璧主義の指導者だったのだ。寸分の狂いも許さない、少しでもズレれば罵声を浴びせ、楽器を投げつけ、頬を叩き、できるまで何時間でも演奏させ続ける。
初日からメンバーの前で屈辱的な指導をされたニーマンだが、折れるわけではなかった。その日から血と汗を流しながらの猛特訓を始める。フレッチャー教授の求める究極・完璧な音楽の高みへ行くためその指導に喰らい付く。
その限界を超えたとき、彼らが織り成す最高のセッションとは…

 

感想

自分が音楽経験者のため、観る前は、音楽のクオリティについてはあまり期待していませんでした。音楽ネタの映像作品は役者が実際には演奏していないなど細かい点にすぐ気が付いてしまうので。
しかし、この作品は私の悪い期待を完全にひっくり返してくれました。まず、奏者がカッコいい。演奏している姿は本物の奏者と変わらず堂々とした姿。



[スポンサーリンク]




そして何よりフレッチャー役のJ.Kシモンズの指揮が圧倒的な迫力。指先までの意識が伝わってきます。
と、音楽オタクでも楽しめる作品であると同時に役者の迫力は半端ではないのです。「鬼気迫る演技」というのはこういうものを言うのか、と思わされるほどです。
自分の限界を超えようとするニーマンと相手に限界など許さないフレッチャーの二人が、究極を求めてある一線を超えたとき、人が苦痛から快感に変わるときの描写に鳥肌が立ちました。
手から汗を散らしながら一瞬ニーマンが笑顔になるのです。ゾッとします。
そして観た人なら口をそろえて言うのでしょうが、とにかくラストシーンがすごい。冒頭からずっと続いていた緊張感が一気に爆発します。
最後まで裏切りがあります。このラストシーンを見た観客はみなアドレナリンの量がすごいことになっているはずです。強制的に感情が持って行かれます。私は、ラストシーンが終わりエンドロールになった瞬間に息を吸いました。それまで呼吸を忘れるくらい見入っていたようです。初めて、本当に「余韻に浸った」日でした。



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ