映画バケモノの子のあらすじと感想渋谷の交差点リアルすぎw

「バケモノの子」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

公開日:2015年



[スポンサーリンク]


あらすじ

人間界「渋谷」とバケモノ界「渋天街」は交わる事のない二つの世界。9歳の時、ある事をきっかけに両親と離ればなれになってしまった少年がある日、どこにも行き場がなく渋谷の路地裏を彷徨っていた。

渋天街で一二を争う最強のバケモノ・熊徹は、宗師になる為、弟子を探しに渋谷に来ていた。そんな2人が渋谷で出会った。

少年に弟子になれと言う熊徹。少年は強さを求め、嫌々ながらも熊徹の弟子となり、バケモノの世界「渋天街」へ行くことを決意する。

熊徹は少年を九太と命名。最初はぶつかり合う2人だったが、奇妙な共同生活と修行を重ねることで互いに成長し、いつしか、まるで親子のような絆が芽生え始める。

少年が青年となったある日、偶然にも「渋天街」から「渋谷」へ戻った九太は、高校生の楓と出会う。楓から新しい世界や価値観を吸収し、九太自身、本当に生きるべき世界を模索し始めるのだった。

そんな時、両世界を巻き込む大事件が勃発する。みんなを救うために、自分に出来ることは何なのか?熊徹と九太、そして楓。それぞれに決断のときが訪れる。

 

感想

「バケモノの子」公開日当日、観に行ってきました。公開前から期待大の映画の一つでしたが、期待通り、いや、期待以上に面白い映画でした。

細田守監督の映画は「おおかみこどもの雨と雪」が最初でしたが、魅力ある絵を描いて下さるなぁ~と思ってました。今回の「バケモノの子」は、本当に、絵が素晴らしい!!

それから、映像技術が本当に素晴らしい!!渋谷のスクランブル交差点の所は、まるで、本物のようでした。それから、九太が、警察官から逃げる時、九太目線で渋天街に行くところのスピード感、とても良かったです。



[スポンサーリンク]




映像も素晴らしいんですが、声優陣が豪華でしたね。熊徹の役所広司さんは、言われなければ役所広司さんだと分からなかったです。個人的には、多々良を声優された大泉洋介さんが良かったです。すぐに、大泉洋介さんだと分かったんですが、とても上手でした。

4歳の息子と一緒に観に行ったんですが、4歳の子には少し難しかったかな…戦うシーンとかがちょっと怖いって言ってました。でも、面白かったとも…ところどころ、声に出して笑っていました。

細田守監督作品は「おおかみこどもの雨と雪」「サマーウォーズ」続いて「バケモノの子」を観たんですが、本当に世界観が面白いですね。どれも、現実にはとてもありえない話ではあったんですが、こんな世界があったら面白いなぁと思いました。私も経験してみたいと思える作品でした。

小さい子にはちょっと早いかもしれませんが、親子で楽しめる映画だと思います。次回作も期待しています。



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ