映画ヒックとドラゴンのあらすじと感想ドラゴンが猫みたいで可愛い映画

「ヒックとドラゴン」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

公開日:2010年

 



[スポンサーリンク]


あらすじ

北の海にある島、バーグ島。そこに住むバイキングとドラゴンの話。バーグ島ではドラゴンは自分達の貴重な食料を盗む害虫と考えられていた。

そんなある日、バイキングの長の息子ヒックが幻のドラゴン・ナイトフューリーと出会うことで物語は始まる。傷ついたドラゴン・ナイトフューリーに「トゥース」と名前をつけ無くした尻尾の翼を取り付けるが、人がコントロールする必要があった。

スクリーンショット_013017_103821_PM

そこでヒックがトゥースの背中に乗り一緒に飛ぶ訓練を始めるなかドラゴンが自分達が思っている生き物とは違うことを知るヒック。もしかしたらドラゴンと共に生きていく方法があるんじゃないかと思い始めるなか事件は起きる、

スクリーンショット_013017_103934_PM

ドラゴンを倒すための訓練中にヒックがドラゴンに襲われてしまうヒックを助けようとトゥースが駆けつけるが、逆にバイキングの戦士達に捕まってしまう。

ヒックはトゥースを殺さないように父(バイキングの長)に懇願するが聞き入れられなかった。長はドラゴンの巣を探すためにトゥースを利用しようと考えるが

 

感想

最初はあまり期待してしていなかったこの映画。宣伝もいまいち内容が伝わってこないなか見ようと思ったきっかけは「ドラゴン」がでてくる話だったからです。

昔からドラゴンが好きでドラゴンがでてくる映画はよく見ていたのですがこの映画は今まで見てきた映画とは全然違いました。



[スポンサーリンク]




冒頭はよくあるような敵対関係から始まる内容なんですが自分で捕まえたドラゴンと交流するうちに親友のような絆が生まれてくるところから気持ちをグッと掴まれて物語の中に引き込まれていきました。

とくに主人公のヒックとトゥースが飛ぶ練習をするとこが魅力的で危険なはずのドラゴンがちょっと大きな猫みたいに見えてくるところが可愛くてたまりません!

物語の中で一番好きなシーンが飛ぶ練習の仕上げ的な感じのところで目線がトゥースの背中に乗ってるヒックの目線なんですが、

スクリーンショット_013017_104047_PM

尻尾の動きを書いたカンニングペーパーが風で飛ばされてしまってそれを取ろうとしてトゥースの背中から落ちてしまうのですが何とかトゥースの背中に戻ることができ、さらにカンニングペーパーを見る余裕がなくて体の感覚だけで尻尾をコントロールしていくんですがそれをすることでトゥースとの一体感がうまれてしかも目線がヒックの目線なので自分も一緒にトゥースと空を飛んでいるような感覚になるんです。

主人公の目線が体験できる映画はこの映画が初めてでこのシーンで一気にヒックとドラゴンのファンになりました。最後のボス・ドラゴンと戦うシーンではヒックが振り落とされてしまうんですが、トゥースが必死に助けに行くところが感動的でした。

 



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ