映画海町diaryのあらすじと感想!4姉妹の恋愛模様を描いた作品

「海町diary」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

公開日:2015年

 



[スポンサーリンク]


あらすじ

江の島で暮らす3姉妹。浮気をし、3姉妹を捨てた父の葬式で田舎に赴くと、腹違いの妹がいることを知る。広瀬すずが演じる末っ子にあたる妹は、同じく「すず」という名前。葬式では涙一つ流さず、しっかりとした中学生。

 

葬式が終わり、3姉妹が帰るところを見送りに来るすずに、綾瀬はるかが演じる長女は「一緒に暮らさないか」と声をかけ、江の島での4姉妹の生活が始まる。

スクリーンショット_013017_105055_PM

長女は看護師をしており、まじめで厳しい性格だが、同じ病院に勤める医師と不倫をしており、そのことで悩んでいる。次女は銀行に勤めておりいわゆる「ダメンズ」に引っかかる恋愛をする傾向がある。

 

三女はスポーツ用品店の店長と良い仲のよう。第一印象はおとなしそうなすずも、男子に混ざってサッカーをする活発な少女で、転校直後、すぐに友ができ、気になる男の子もできる。
江の島の四季を通して、4姉妹の恋愛や、家族・親との関係ついて物語を描いている。

 

感想

父親の葬式で初めて出会った腹違いの妹に、「一緒に暮らさないか」と声をかけた長女が意外だった。長女は、次女や三女の食事の行儀等に口うるさく言うタイプで、母親的存在のため、そうした無責任なことを思いつきで言うタイプではなかったからだ。

 

次女と三女は一瞬驚いた顔をするが、すぐに意見が一致し「おいでよ」と言うところを見ると、長女の考えていることが二人には分かっているようで“家族”だなと感じた。

スクリーンショット_013017_105140_PM



[スポンサーリンク]




大きな事件などはなく物語が綴られるが、古い大きな家での4姉妹の生活が細かく描写されているとこも楽しめる要素だ。はじめは遠慮しがちで、姉たちに敬語を使っていたすずが、徐々に打ち解けていく様子も自然で“家族”になっていくところを見られた。

 

3人の姉の恋愛模様については、ダメだと思っていても、その男性との関係を続けてしまうという状態。それでも季節が流れたり、あるきっかけでその関係に自ら終わりを告げ、それぞれが仕事に打ち込む姿が20代女子として共感を持った。

スクリーンショット_013017_105217_PM

一方すずは、同じサッカーチームの男の子とつかず離れずの関係。桜のトンネルを自転車で駆け抜けたり、花火大会の日、男の子から告白するかと思いきや「浴衣、似合っている」とだけ告げられて帰路についたり、姉たちとは対照的に「懐かしく恋しい10代の恋」のように感じた。

 

江の島ならではの美しい季節ごとの風景、4姉妹の恋愛、家族との関係、4姉妹の成長や家族となっていく姿を見ることができ、どこか「また明日から一歩頑張ろう」と思えた作品だった。

 



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ