映画紙の月のあらすじと感想

「紙の月」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

公開日:2014年



[スポンサーリンク]


あらすじ

宮沢りえが演じる主人公は地味な女性銀行員。結婚はしているものの、夫は彼女にあまり興味がなく、満たされない気持ちを抱えている。

そんなある日、彼女は池松壮亮が演じるイケメンの大学生と出会う。積極的でストレートに自分の気持ちをぶつける彼に、彼女は次第に惹かれ、いつしか男女の関係になっていく。

まだ学生でお金がない彼を喜ばせようと貢ぎ始めるが、その行為はエスカレートし、ついに銀行のお金に手をつけるようになる。はじめは返すつもりだったのが、とうとう多額なお金を横領する事態に。

いつしかお金が二人の関係を繋ぎ止めるようになっていた。彼を喜ばせようと彼女はどんどん犯罪に手を染めていくも、彼の気持ちは別の若い女性に・・・。

小林聡美演じる同僚により、彼女の犯罪が明るみに出るも、何もかも失った彼女は逃走を決意する。地味で目立たない彼女が、不倫し、銀行のお金を横領した背景には、彼女の生い立ちが深く関係していた・・・。

 

感想

最近注目している池松壮亮くんがこの映画に出演すると知り、久しぶりに映画館へ見に行きました。今回、彼の役はイケメンでヒモの大学生でしたが、ダメンズぶりを見事に演じていました。地味で目立たない銀行員と、不倫に溺れ犯罪に手を染める狂気に満ちた姿を見事に演じ分けていた宮沢りえさん、圧巻の演技力でした。

そして、意外だったのが、今どきのOLを演じていた大島優子さんの演技が素晴らしかったことです。
映画の始めから終盤まで、終始はらはらドキドキさせられ、あっという間でした。特に小林聡美さんが演じる銀行の同僚が、激しく主人公の感情を揺さぶるシーンは見ごたえがありました。

追い詰められた主人公が窓をつきやぶって逃走することは全く予想できず、思わず息を飲みました。
ただ、唯一残念だったのは、映画のクライマックスです。



[スポンサーリンク]




原作を読んだことがないので、原作に忠実に作られていたら仕方がないのですが、主人公が最後、東南アジアと思われる外国へ逃亡するシーンは果たして必要だったのかと・・・。

このシーンだけがなんとなく浮いていて、とってつけた感が否めませんでした。原作に忠実に作られていたとしても、最後は窓をつきやぶって逃走するシーンで終わった方が衝撃的でよかったと思います。
昨年、紙の月は日本アカデミー賞の各賞を総なめにしましたが、納得の作品でした。
近年はハリウッド映画よりも邦画が面白く感じます。このような見ごたえのある映画をこれからも期待します。



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ