映画タイピスト!のあらすじと感想

「タイピスト!」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

公開日:2012年

 



[スポンサーリンク]


あらすじ

1950年代のフランスが舞台。田舎から仕事を探すためにとある保険会社の秘書面接に来たのは、主人公のローズ・パンフィル。彼女のタイプ打ちの早さに目を引かれ、経営者のルイは一週間だけ彼女を雇用することに。

お茶目で破天荒、空気を読まないところのあるローズはあまり秘書向きでなかったため、契約を打ち切ろうかと思うが、タイプ早打ち大会で勝ち抜けば契約を延長する!

と話を持ちかけるルイ。いくら早打ちが得意と言えど、大会では負けてしまうが、これをきっかけに2人でタイプ早打ちで勝ち抜いていくための特訓が始まる。
特訓のために衣食住を共にし始め、昼も夜もタイプ打ちの練習に明け暮れるローズはめきめき力を身につけ、ついにフランスを代表する優勝者に。

次はタイプ早打ちの本場、アメリカへ乗り出すか!と目標新たにする矢先、2人のコーチと生徒のような恋人同士のような関係性に亀裂が入ってしまい…!一体2人はどうなる?そしてローズは大会で優勝できるのか?2つの軸、両方を楽しめるストーリー。

 

感想

とにかく、主人公ローズ・パンフィルのファッションがたまらなく可愛い女の子向け映画!丈が長めでふんわり広がるスカート、トップスには可憐な小さなリボンがついているのが鉄板で、高めの位置で短い髪をえいっ!

とまとめたポニーテール全てをとってもキュート。毎シーンで衣装に注目してしまうほど可愛いです。お部屋やピンク色のタイプライターもとってもガーリーで、周りの女性キャストたちの洋服もレトロだったり個性的だったりで、ワンシーンを切り抜いても絵になるようなお洒落シーンが満載です!!
そんなガーリー感溢れるところも素敵ですが、ルイとローズのほんのりした恋愛模様もとっても素敵。大人なのにちょっと子どもっぽいような、近付いているのに遠いような関係性にもきゅんとさせられます。



[スポンサーリンク]




 

主人公ローズが等身大の女の子っぽくて、共感できるような、少し近い感覚で観れるのもポイント。お転婆で飾らない性格なところが、女子目線で見ても好きだなぁー!って思えます。
ラストシーンもハッピー全開で、観てて安心♡お父さんとも言葉を交わさないながら仲直りしている感じだし、全てが綺麗に大団円!て感じでストーリーも本当に面白いです。特訓シーンは、思った以上にスポ根魂出しまくりでちょっとびっくりはしましたが…笑
ガーリーカルチャーな世界観を映画で体感したい方にはぜひぜひオススメしたい映画!DVDのジャケット写真や円盤の可愛らしさをストーリーは全く裏切ってないですよ♪



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ