映画そして父になるのあらすじと感想

「そして父になる」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)-2

公開日:2013年



[スポンサーリンク]


あらすじ

建築家の野々宮良多は、妻のみどりと6歳の息子慶多と幸せに暮らしていた。
良多はエリートで、これまで学歴や仕事、そして家庭を全て自分で手に入れてきた。
そんなある日、息子を出産した産院から呼び出され、出生時に子どもを取り違えていたと告げられる。

 

2人は大きなショックを受けた。
本当の息子は、同じ日に同じ産院で産まれた斎木家の琉晴という子どもだったのだ。
斎木家は、斎木雄大と妻ゆかり、そして3人の子どもがおり、小さな電気店を営んでいた。
お互いの家族は対面し、今後の結論を出す為に交流を始める。

 

ミッションとしてお互いの子どもを交換して泊まらせるが、野々宮家と斎木家の生活は随分と違うものだった。
そんな中裁判も始まる。

 

ミッションとしてお互いの子どもを交換して泊まる事を続けながら、6年間我が子だと思い愛し育ててきた他人の子どもと、他人の家で育てられてきた血の繋がった実の息子。
子どもを交換するかそのまま育てていくかで良多は葛藤をする。

 

感想

この作品は、出生時の子どもの取り違えという驚くようなお話ですが、日本でも実際に起きています。
自分の身に起こったらどうするのだろうと考えさせられました。
急に今まで育ててきた子どもは他人の子どもだと言われても実感が湧かないと思います。

 

どうするのが適切なのかとても悩み、そして葛藤をすると思います。
子ども自身もその事実を知った時、とても困惑してしまうと思います。
お互いの子どもを交換して泊まらせるのですが、家庭の生活環境が大きく違う為に困惑します。



[スポンサーリンク]




 

野々宮家はエリートの良多の考えで、お受験をしたりおもちゃもお勉強の物だったりピアノの習い事をしている、ひとりっ子で静かな環境です。
対する斎木家は3人兄弟で毎日騒がしく、お受験やお勉強、習い事より元気に遊ぶという方針です。
野々宮家では子どもも夫婦も困惑して中々絆が深まりません。

 

とても難しい場面でした。
似たような家庭の子どもを交換するより、環境が大きく違う家庭の子どもの交換の方が葛藤が大きいと思うので、その葛藤を描くために違いがはっきりと描かれていたと思います。

 

しかし、この映画は葛藤や困惑だけではなく、前向きに感じられるようになっています。
取り違えが分かったことで、改めて夫婦や家族のあり方、そして子供との関わり方を考えます。
大切なことや忘れていたこと、今まで知らなかった子どもの思いに気付きます。

 

父とは何か、が描かれている作品だと思いました。
ラストで結論はどうしたのかははっきりとは描かれていません。
人それぞれ色々な捉え方にしたかったのだと思います。
とても難しいお話でしたが、家族について考えるとても良い作品でした。

 



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ