映画ミリオンダラーベイビーのあらすじと感想

「ミリオンダラーベイビー」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

公開日:2004年



[スポンサーリンク]


あらすじ

ヒラリースワンク演じる女性ボクサーマギーとクリントイーストウッド演じる老トレーナーフランキーを中心にした人間の心の問題に迫った問題作。

 

愛されるということを知らずに育ったマギーは、自分の存在価値を証明するためボクサーになろうとして、かつては、優秀なボクサーを育ててきたが、最近は、落ちぶれてきていたフランキーのジムの門を叩いた。

 

最初は、乗り気でなかったフランキーだったが、やがてマギーの素質を見い出し試合を重ねる中で、やがて世界チャンピオンへの挑戦者として、多くの名声と富を得ることになっていった。

 

ある試合で反則パンチを受けダウンした際に、コーナーにあった、いすに首を打ちつけ、全身不随の身体となってしまう。やがて人生に絶望し、家族からの支えもないまま、マギーが驚くべき行動をとることに・・・

 

感想

アカデミー作品賞を受賞したこの作品ですが、前もって映画のストーリーを知らなかったので、ラストにおいての衝撃は、鉛を飲み込んだような重い気持ちにさせるのに充分でした。

 

過去いくつかのアカデミー作品賞映画に通じる、映画を観たあとに足どりが重くなるような作品例えば、カッコーの巣の上で、とか、ディアハンターなど、



[スポンサーリンク]




 

現実的な社会の、ある一面を捉え、問題提起させるような作品は、映画を観たあとの爽快感を得られるにはほど遠く、あまりエンターテインメントとしての映画には、ふさわしくないと思います。

 

とはいえ、監督がクリントイーストウッドですから、観客を映画の中の非現実世界に引き込む力で、主人公や脇役への感情移入は容易になされ、目の前で実際に起きているの出来事のように感じられるのはさすがでした



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ