映画あの夏、いちばん静かな海のあらすじと感想

「あの夏、いちばん静かな海」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

公開日:1991年



[スポンサーリンク]


あらすじ

耳が聞こえない主人公の茂が、ゴミ収集の仕事中に、先端の折れたサーフボードを見つける。それを家に持ち帰り、発泡スチロールで自分で修復し、彼女の貴子を誘い海へ。

 

初心者の茂はなかなか上手く波に乗れず悪戦苦闘。貴子はそんな茂を浜辺でいつも楽しそうに見ていた。
茂は壊れてしまったサーフボードに見切りをつけ、お店へ新しいサーフボードを買いに行った。

 

ますますサーフィンにのめり込む茂。そんなある日サーフショップのオーナーから千葉の大会へ出ないかと誘われる。茂は大会に出場することになった。しかし、耳が聞こえない茂は
自分の出番のアナウンスに気付かず失格に。

 

それでも茂は仕事をさぼるくらいサーフィン漬けになる。
次第に茂を馬鹿にしていたサーフ仲間も彼を認めるようになる。

 

再び大会へ参加することになり、茂は無事に大会を終える。
貴子はいつものように茂のいる海へ。
しかし、そこには茂の姿はなく、波打ち際に漂う茂のサーフボードだけがあった。

 

感想

主人公の茂と貴子が耳が聞こえない障害を持っていることに興味がそそりました。
何故茂るがサーフィンを始めようと思ったのかは分かりませんが、海沿いの街に住む彼にとってサーフィンは身近なものだったのかもしれません。

 

とりわけ手話をすることもなく、ただただ淡々と物語が進んで行く映画です。
きっと監督は障害者だからといって、周りが何か特別なことをするわけでもなく、こんなもんだろと言ってるような気がしました。

 

例えば、ゴミ収集の仕事中に、茂がまだゴミを積んでいるのにそれに気付かず、運転手が車を発進させて、慌てて車を追いかけてる場面や、サーフィンの大会に出場した時に、アナウンスで自分の出番が流れていても誰も茂に教える人がおらず、大会の係りの人が片づけを始めたのを見て、大会が終わったことに気付き、やけくそで波に乗る場面です。



[スポンサーリンク]




 

私が好きな場面は、茂が貴子の家に迎えに行くところです。
何とか自分の存在を気付かせたい茂が、家の外で窓から見えるように自分の靴を何度も放り投げたり、窓に石を何度もぶつけてたら窓ガラスが割れてしまい、貴子が家から出てくる場面です。笑ってしまいましたね。

 

この映画の特徴は映像がとにかく綺麗です。特に海の映像が美しかったですね。今でも頭の中で綺麗な海の映像が残ってます。波の音、海の映像、とても心地よかったです。
それと、とにかく静かでした。もちろん主人公が会話ができないとこもあるとは思いますが、それがさらに強調されてました。



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ