映画シェフ 3つ星フードトラック始めましたのあらすじと感想

「シェフ_3つ星フードトラック始めました」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)-2

公開日:2015年



[スポンサーリンク]


あらすじ

一流レストランで料理長を勤めるカール(主人公)の店に、ある日有名なネット評論家が料理を食べに来ることになった。カールは提供するメニューのことでオーナーと対立し、Twitterで評論家のコメントに挑戦状とも取れる反応を返したため、ついには店を辞めさせられてしまう。

 

店で言い争った動画がネット上で流出したため、再就職できず行き場を失ったカールは気晴らしの為に元妻と息子と共に訪れたマイアミで絶品のキューバサンドイッチと出会う。そして元妻からのアドバイスもあり、息子と友人の3人でサンドイッチのフードトラックを始めることになる。店はTwitterによって瞬く間に知れ渡り、一気に人気店となった。

 

また離婚したことで、なんとなく気まずくなっていた息子とも各地を周るにつれて次第に心を通わせていった。息子は父親の働く姿や料理に対する情熱を知り、彼の心にも今まで興味の無かった料理について感心が生まれていった。

 

しかし、夏休みも終盤に入り息子は学校に戻らなくてはならなくなり、親子の短い旅は終わりを迎えようとしていた。そしてついに、昔言い争ったあの評論家が店を訪れたのであった…

 

感想

この映画を見ようと思ったきっかけは、実は私自身もフランス料理の経験があったからです。料理を仕事にする大変さはわかっているつもりだし、自分の周りにもレストランに就職したけれど辞めてしまって全く別の仕事をしている人が沢山います。

 

この映画の主人公は料理長まで登りつめたにも関わらず、口喧嘩によって店を辞めてしまいます。すこし大人気ない気もする彼ですが、料理に対する情熱はすごく、映画の中で彼が作っている料理はどれも本当に美味しそうななものばかりでした。途中で”この人は本当に料理人なんじゃないのか?”と思うくらいに、役にはハマりきっていたと思います。



[スポンサーリンク]




 

映画を見終わった後には、きっと誰もが彼が作ったサンドイッチを食べたくなると思います。
また周りの脇役の人たちも面白く、特に一緒にフードトラックを始めた元同僚役の俳優さんは良かったです。

 

場を明るくしてくれるお調子者キャラで、実際に彼の明るさや社交性に助けられた部分がいくつかでてきます。息子役の子も、ちょっと冷めた感じの演技が様になっていて将来が楽しみな子役だと思いました。

 

ストーリー全体的には、あまり話の変化に浮き沈みはなく、フードトラックを始めてからは終始楽しげな雰囲気が流れます。最後もハッピーエンドで終わるので、ハラハラドキドキ感を求める人にはあまり向かない映画かもしれません。

 

でも子供から大人までが楽しめる内容なので、夏休みに家族で見るにはちょうど良い作品だと思います。レンタルも開始されてるので是非一度ご覧になって下さい。



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ