映画ボーン・アイデンティティのあらすじと感想

「ボーン・アイデンティティ」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

公開日:2002年



[スポンサーリンク]


あらすじ

海を漂流していた謎の男(マット・デイモン)が漁船に助けられる。彼はどうして海にいたのか、名前さえもわからない記憶喪失だった。

かろうじてある手がかりはお尻の皮膚の中に仕込まれたマイクロチップだけ。
そのマイクロチップにはスイスの銀行の口座番号が書かれており、スイスへ向かう。
途中、夜の公園のベンチで寝ていると警官が謎の男に職務質問をしようとすると、ドイツ語で会話をし、危険を察知して体が勝手に動き、一瞬でやっつけてしまう。

そんな自分の能力に驚きながら、スイスの銀行へ行くと、貸金庫の箱の中にはパリ在住のジェイソンボーンというアメリカのパスポートと数々の偽造と思われるパスポート、大量の現金、はじきが入っていた。

彼は何故記憶をなくしたのか、数々の疑問を抱えていた。
次々とやってくる追っ手をやり込め、アメリカ領事館で出会ったマリー(フランカ・ポテンテ)と供にパリの「自宅」へ向かう。
彼の行く手に何があるのか。。。



[スポンサーリンク]




ジェイソンボーンシリーズの記念すべき第一作目。

 

感想

ジェイソンボーンの圧倒的強さと記憶をなくして苦しんでいる姿のギャップにとにかく胸が熱くなります。

格闘シーンと逃走シーンはスピード感とリアリティーがあり、それだけでも見ている価値があります。

また初めは怪しんで距離を置いていたマリーとの関係が物語が進むにつれて、愛情に変わっていく様に共感できます。
つい自分がマリーに成り替わり、精神的に傷ついたジェイソンボーンを助けてあげたい、守ってあげたいという気持ちがどんどん膨れ上がってきて、アクション映画ですが切なくなるシーンが沢山あります。

時々やってくる記憶の断片がフラッシュバックして、だんだんと自分がCIAであったことを自覚し、苦悩する姿がとても辛いです。
そして証拠隠滅の為、やってくる追撃者を倒すのですが、ジェイソンボーン自身は自分の身を守る程度で致命傷は与えていません。

街中を車で滑走するシーンでは、巻き込まれてしまう一般の人がいるのではと心配になりますが、人の痛みを軽くみないところが個人的にはツボです。

これまでに4回以上見ていますが、ストーリーを知っていても、何度でも楽しめる稀有な映画だと思います。
ボーンアイデンティティを見ると必ず二作目のボーンスプレマシーを見たくなること間違いないです。

 



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ