映画ユー・ガット・メールのあらすじと感想

「ユー・ガット・メール」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

公開日:1998年



[スポンサーリンク]


あらすじ

ニューヨークが舞台となり、母親の代から続く小さな老舗の絵本専門店「街角の小さな本屋さん」の経営者のメグ・ライアン扮するキャスリーンは、インターネットで知り合った見知らぬ男性とのメールに夢中です。

 

しかし彼女には同棲中の恋人がいます。そんなある日、街角の小さな本屋さんのすぐ側に、カフェ併設の大型書店「フォックス・ブックス」が開店します。あっという間に客は奪われ売上は落ち続け、このままではキャスリーンの店は潰されてしまいます。

 

実はこのフォックス・ブックスの御曹司ジョー(トム・ハンクス)こそがキャスリーンのメールの相手だったのです。実生活では商売敵のキャスリーンとジョーは、顔を合わせれば喧嘩ばかりです。

 

しかしオンライン上の2人は、お互いに励ましあったり、その日にあったちょっとした事なんかもメールで報告したりする間柄になります。お互いの本当の正体に気がつかぬまま、ふたりは更に惹かれあっていきます。そして、あるとき実際に会ってみようという約束をしますが・・・。

 

感想

割と昔の映画ですが、メールを通じて出会った相手が実はライバル会社の御曹司という設定がまず面白いです。現実ではいがみあって喧嘩ばかりしているのに、家に帰ってパソコンを開けば本音で語りあったり相談したりするという対比がコメディタッチで描かれていますが、何回見ても面白い。

 

実際に会おう、ということになって正体に気が付くのですが、大嫌いな相手だったのに、嫌いになりきれない感じとか、現実世界でも少しずつお互いの距離を近づけていこうとするときのジョーとキャスリーンの会話とか、二人の間を流れる微妙な空気感がたまらなく好きです。



[スポンサーリンク]




 

メールだけのやりとりとは違い、お互いの表情をみながら会話するほうが本音で話せなくなる感じは、実に共感できます。直接会って話しにくいことなんかも、手紙だったりメールだったり、何かを通して伝えたほうが案外伝わるということは現実でもよくありますしね。

 

また、メグ・ライアンがラブコメの女王として君臨している時代の映画ですが、泣いたり笑ったり怒ったりと感情表現が豊かなキャスリーン役が本当によく合っていて、とってもキュートなんです。

 

キャスリーンは喜怒哀楽がはっきりしているけど、メールの文章は知的でユーモアに溢れているところも大好きです。わたしのお気に入りの映画なので、ふと思い出したときにいつでも観られるようにDVDを買って手元に置いてあります。ラブコメ好きな大人の女性にオススメしたい映画です。



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ