映画アマデウスのあらすじと感想

「アマデウス_映画」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

公開日:1984年



[スポンサーリンク]


あらすじ

「アマデウス」とは言うまでもなく、神童モーツァルトのミドルネームです。しかし同時に、ラテン語で「神に愛される」という意味も持っています。題名が「モーツァルト」ではないのは、彼が神に愛された存在である、という要素がこの映画の内容に深く関わっているからです。

 

かつてハプスブルグ帝国の皇帝ヨーゼフ2世(マリー・アントワネットの兄です)の宮廷音楽長としての栄誉を一心に浴びたアントニオ・サリエリが、モーツァルトに謝罪しながら自ら天へ向かおうととするところから映画は始まります。

スクリーンショット_013017_113138_PM

一命を取り留めた彼の病室を一人の神父が訪れます。世間ではサリエリがモーツァルトを殺したと信じられており、その告解を聞きに来たのです。そこでサリエリは何十年も前の、モーツァルトとの思い出を彼に語り始めます。

 

そこには、芸術家として、最もモーツァルトの才能を理解しながらも、モーツァルトの才能を理解する才能しか与えられなかった者の苦悩が語られていきます。

 

感想

映画を見終わると、結局サリエリはモーツァルトを殺したのではない、ということになるのです。彼はある意味で、才能の有無という「神」の与えた宿命の犠牲者でもあります。

スクリーンショット_013017_113219_PM



[スポンサーリンク]




ではなぜサリエリは謝罪していたのでしょうか?ヨーゼフ2世の元で何もかも順調だった彼の人生をかき乱したのがモーツァルトでした。神々しい音楽を生み出す才能と、下卑た人格が一人の人間に同居しているのです。

 

音楽家としても、常識的な社会人としても、彼を嫌悪するには十分な理由が揃っていたのです。しかし、モーツァルトが今際の際に「あなたを誤解していた、ごめんなさい、ごめんなさい」と子供のような無垢な笑顔で謝りながら天国に行きました。

 

その時サリエリは、モーツァルトの中の才能と下品さが矛盾するものではなく、どちらも純粋な心から生まれたものだと感じたのではないでしょうか。彼のオペラに足繁く通いながらも自らの権力で上演の機会を奪うという分裂した行動で、才能を与えなかった「神」への復讐を果たそうとした結果、モーツァルトを間接的に天に行かせたのではないかと思いました。

 

無論、この映画の見どころの1つは、全編に流れるネヴィル・マリナー指揮のモーツァルトの音楽です。特に冒頭の交響曲第25番に合わせた映像がフレーズごとにカット割りされて「エヴァンゲリオン」TV版のオープニングのように劇的な効果を生んでおり、一度見たら忘れられないものとなっています。

 



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ