映画タイタニックのあらすじと感想

「タイタニック」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

公開日:1997年



[スポンサーリンク]


あらすじ

「タイタニック」は、貧しいがタイタニックに乗船出来た青年と、富豪の娘の恋物語です。
並行して、豪華客船タイタニックが沈没していく様を描いています。

 

貧しいが絵の才能をもつジャックと、富豪の娘ローズは、出会い、仲良くなりました。当時、ローズには富豪の婚約者がいましたが、ローズは好きになれませんでした。仲良くなったジャックとローズが恋仲に発展するのに、時間は必要ありませんでした。ジャックはローズの裸体を描き、やがて人知れず結ばれました。本当の愛をローズは手に入れましたが、タイタニックは氷山にぶつかり、船が損傷を受けました。

スクリーンショット_013017_111345_PM

その損傷は、豪華客船にとって致命的な損傷でした。
やがて、タイタニックは沈んでいきますが、その間に、ジャックとローズの婚約者との激しい闘争がありました。タイタニックには人の数に対して、救命ボートが圧倒的に足りませんでした。

スクリーンショット_013017_111404_PM

そして、ボートに乗れなかったローズとジャックは、船と共に沈みます。

感想

「タイタニック」は、とても丁寧に作られた映画だと感じました。
豪華客船タイタニックは精巧に作られています。
主人公たち一人一人の人物描写も丁寧です。

 

レオナルドディカプリオ演じるジャックは、若く、ハンサムです。
貧しい青年ですが、それを物ともしないカリスマを備えています。
ヒロインのローズも、親のいいなりにはならない、意志の強そうな情熱を抱いている女性です。

スクリーンショット_013017_111258_PM

この二人の恋物語は、タイタニックが出航して沈んでいくまで丁寧に描かれていて、ラストは恋はバッドエンドでしたが、悲恋ゆえの感動と言いますか、エンドロールが終了するまで立ち上がる事が出来ない程でした。



[スポンサーリンク]




スクリーンショット_013017_111317_PM

ローズの婚約者も、悪人らしい悪人です。ジャックの様に素敵な恋敵が現れなかったら、悪人でなかったかもしれません。しかし、ローズを奪われた嫉妬から、ジャックとは死闘を繰り広げました。

スクリーンショット_013017_111511_PM

とにかく人物描写が丁寧です。タイタニックにまつわる逸話も、丁寧にシーンにありました。沈没まで演奏続ける楽団達の逸話、そして、上流階級の人の救助が優先され、3等室の人たちは救助が後回しにされてしまった事、タイタニックは人間のエゴをあぶり出し、また死にゆく人間の美しいハートも描きました。

スクリーンショット_013017_111441_PM

ローズは救助ボートに乗りましたが、また船に戻り、ジャックと共にいました。沈没する船と共に海に落ちましたが、すぐに海面に浮かび、板の上から笛を吹く事で救助されました。

 

ラッキーでしたが、愛するジャックとは永遠の別れとなりました。私は、ローズの心はジャックに奪われ、結婚しても心は常にジャックの元にあったと、結末づけをしました。本格海洋パニックと素晴らしいラブストーリでした。

 



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ