映画アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロンのあらすじと感想

「アベンジャーズ_エイジ・オブ・ウルトロン」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

公開日:2015年



[スポンサーリンク]


あらすじ

アベンジャーズ2作目。ヒドラの残党と戦うアベンジャーズ。敵を倒した後に何かが隠されていると調査し、ロキの杖と人工知能についての研究の痕を見つける。さらにヒドラは強化人間の双子(スカーレット・ウィッチとクイックシルバー)生み出していた。

 

ヒドラの研究していたロキの杖について興味を持ち、ハルクの力を借りトニー・スタークがウルトロンを生み出す。ウルトロンは平和を望み、平和の為には人間を滅ぼすべきだという考えに至る。

 

ウルトロンはアベンジャーズを憎む強化人間の双子を手を組む。強化人間の双子はアベンジャーズ、特にトニー・スタークを憎んでいてアベンジャーズを苦しめる。しかし、ウルトロンの真の目的がアベンジャーズを倒す事ではなく人類を滅ぼす事だと気づき、ウルトロンと決別する。

 

ウルトロンに対抗する手段を模索していたトニー・スタークはジャーヴィスを基にしたあたらしい人工知能ヴィジョンを生み出す。ヴィジョンと共にウルトロンと戦う。

 

感想

アベンジャーズの2作目だが、ほとんど主人公はトニー・スタークだったという印象を受ける。今作では特にアベンジャーズの闇を見せられた様な気がした。ウルトロンはトニー・スタークを模倣して出来ている。



[スポンサーリンク]




 

いわばトニー・スタークの分身とか子どもの様な感じでトニー・スタークの極端な部分が強調された人格のように見えた。平和の為に力をもつという事、平和の為に兵器を生み出す事の危険性の様な、平和を邪魔する者を次々と倒していけばいい、というような矛盾の様なトニー・スタークの闇。

 

そして強化人間の双子がトニー・スタークを恨むようになったきっかけがスターク社製のミサイルを家に打ち込まれ、家族を失くし恐怖に晒されたというエピソードにも、平和を望みながら兵器を生み出してきた事の矛盾を突きつけられている様な気がした。

 

また、スカーレット・ウィッチによって見せられた幻覚によってそれぞれにとっての悪夢を見せられるのだが、ブラック・ウィドウとキャプテン・アメリカの闇が特に印象的だった。

 

それと印象的だったのがホーク・アイが家庭を持ち普通の人間としての幸せな生活があるというシーンでその2人との対比がとても辛かった。アベンジャーズはこれからも続編が続く様子があるがどんどんと深部へ敵と戦う事よりもアベンジャーズの戦う意味が問われていく様な気がして少し辛いものがある。



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ