映画ダークナイトライジングのあらすじと感想

「ダークナイトライジング」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

公開日:2012年



[スポンサーリンク]


あらすじ

前作の「ダークナイト」でのジョーカーとの対決から8年の時が過ぎたが、バットマンことブルースウェインは、愛する女性を失った体と心の痛みから立ち直れずに幽閉生活を送っていた。一方で、彼が命をかけて守ったゴッサムシティーは、「デント法」の下、組織犯罪の一掃された街へと生まれ変わり、仮初めの平和を謳歌していた。

 

しかし、ジム・ゴードンはトゥーフェイスとしてのハービーデントの悪行を、バットマンが望んだとはいえ、隠しハービーを英雄にして、逆にバットマンを悪人扱いし続ける事に苦悩をを感じていた。

 

そんな中、かつて「影の同盟」に所属した、ベインの暗躍が地下で暗躍を始め、ゴッサムを再び不穏な空気を包み始めていた。新たな敵を予感したブルースは、バットマンとして復活する事を決意するが、

 

ベインによる証券取引所襲撃によって、財産をすべて失ない、べインの罠に誘い出され、一対一の対決を挑むが、圧倒的なパワーの前にで完膚なきまでに叩きのめされ、奈落と呼ばれる地下牢に幽閉されてしまう。そこで、ブルースは、モニター越しにゴッサムがペインによって、破壊される様



[スポンサーリンク]




 

感想

まず最初に言っておくと、ストーリー的にはシリーズ一作目「バットマンビギンズ」とのつながりが強いです。
オススメポイントは、派手なアクションです。冒頭に、ペインが飛行機から、脱出するシーンがあるんですが、飛行機が真っ逆さまになり、ノーラン監督の前作「インセプション」を彷彿させる、アクロバティックシーンで作品に引き込まれます。

 

また、中盤にペインがゴッサムを破壊する場面、特に、アメリカンフットボールのスタジアムが崩壊していく所は、全編中一番インパクトがあります。バットマンシリーズのお楽しみとして、「007」シリーズみたいな、特殊な武器や乗り物が毎回新しく登場する所にありますが、今作でも、バットと呼ばれる、空中を飛び回る乗り物が出てきますが、正直メカニックのデザインはダサいです。

 

けれども、ラストの、ペイン軍団とバットマン軍団とのバトルシーンでは、このバットが、爽快に空中を飛びまくる大活躍する、最後のアクションには、この手の派手なアクション映画好きな人は、大興奮する事間違いなしです。

 

このように、アクション映画好きには、魅力的だけど、ストーリー的には、かなり雑です。特に、疑問に思ったのは、ブルースウェインがバットマンとして復活する場面がむちゃくちゃに強引すぎて、ハリウッド大作なんかご都合主義だらけとわかっていても、ツッコミたくなります。

 

また、ペインは核兵器を使用して、ゴッサムの秩序を乱そうとするのですが、その描写が、東日本大震災の福島の事故を経験した、日本人からすると、これはちょっとひどいと感じるような、シーンが最後に出てくるのも、自分は感心しませんでした。けれども、映画としては、3時間近い上映時間を忘れるテンポの良さがあって、飽きずに楽しめます。



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ