ジョゼと虎と魚たちの感想!悲しくも切ない物語・・・

スクリーンショット_011817_100452_PM

公開日:2003年

映画、ジョゼと虎と魚たち。

どこにでもいる大学生恒夫(妻夫木)と足が不自由なジョゼ(池脇千鶴)の恋愛物語です。

恒夫の前に1台の乳母車が坂から走ってくる。近づいて、覗いてみるとそこにはジョゼの姿があった・・・

 

 



[スポンサーリンク]


感想(ネタバレ含みます)

映画は受け取る側の感性や価値観で変わるというのを改めて感じた映画でした。初めて見たのは10代前半でした。とてもわかりづらいというか、シンプルにジョゼを捨てた恒夫が納得いかず、消化不良になりました。最後になんでジョゼじゃなくて恒夫が泣くんだよって思いました・・・。

 

でも、ほんの少し価値観が変わったというかいろんな世界を見た自分が再びこの映画を鑑賞した時、ジョゼにも恒夫にも涙が止まりませんでした。

 

どうしてそんなに強いんだって思ってたはずのジョゼが、弱い可愛い女の子でした。どうして弱いんだってイライラしてた恒夫が、1人のリアルな人間で否定できませんでした。



[スポンサーリンク]




 

昨今の甘酸っぱい恋愛映画、主演のビジュアルにより成り立ってる映画とは違ってもっとリアルで、自分に通づる部分があり胸を痛めました。

 

障害のあるジョゼがいて普通の大学生の恒夫がいて、わかりやすいように設定がなっていますが、きっとどんな恋愛にも何か障害があって2人のように別れを選ぶ、特別なことじゃないとは思うのだけどリアルで涙が止まりませんでした。

 

印象的だったのは恒夫の両親に会いに行くのをやめて2人が結ばれたとき。何ジョゼが恒夫と会ったことで愛を知り、そして愛を知ってしまったからこそ知った孤独に気づくシーン。2人の旅の中で価値観のずれ、障害によるこれから起こるであろう苦労、気づく2人に苦しくなりました。

 

食事のシーンが苦手という声も聞きましたが私はその日常が好きでした。ジョゼの美味しそうなご飯に食らいつく恒夫の純粋さに見ていて幸せな気持ちになりました。ジョゼが可愛い女の子から女性になる姿がこの映画で描かれていたと思います。

 

一方で恒夫も最後こそ涙を流していたもののきっと彼は一生ジョゼを忘れることはなく一生背負っていくものとなるんだろうと成長というか一つ人生の荷物が増えたというか・・・。

 

この物語は回想する恒夫のナレーションから始まる、その意味はこの恋愛はお互いの人生の一部でしかなく2人はそれぞれの未来で生きているということなんだと思いますが、切ない・・・けどリアルなんだよなと思う、また見たくなるそんな映画でした。



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ