ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の感想!続編が気になる映画

スクリーンショット_012117_015131_PM

公開日:2016年

 

 



[スポンサーリンク]


映画の感想

2016年11月23日に公開されたファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅。ハリーポッターシリーズを全作品観ていた事もあり、特に楽しみにしていた映画の1つでした。ハリーポッターの時とはがらりと雰囲気が違い、大人向けの作品の様な気がしました。
実際に映画館で小学校低学年が観に来ていましたが、すぐに飽きていた様子(個人差があるとは思いますが)ハリーポッターの時のような独特な雰囲気はそのままでした。

 

主人公のニュート役、エディ・レッドメインを始めとする豪華キャストが集結しており、物語の最後にはジョニーデップが登場していました。数々の主演を演じたジョニーデップが最後の数十分のみの出演にはびっくりしましたが、次回作にも出演するのではないか?と感じました。



[スポンサーリンク]




 

ハリーポッターと大きく違うのは、魔法生物がストーリーの大部分を占めており可愛い魔法生物や、かっこいい魔法生物が登場しています。魔法での乱闘シーンではとてもカッコよく観ていてハラハラドキドキするようなシーンが多かったです。

 

ノーマジ(非魔法使い)のジェイコブのキャラクターも面白く魔法使いと非魔法使いのやり取りや、魔法生物との関わり方なども笑えるシーンがありました。笑えるシーンもある中で、ティーンエイジャーが出てくる場面は少々話が混乱してしまい難しく感じ、理解しながら観ないとよくわからなくなってしまうなぁと思いました。

 

最後見終わった後感じたのが、もう1度見たい!と思うくらい楽しく久々に映画を観てハラハラドキドキしました。全5部作を予定されているとの事でとにかく早く次回作が観たい!と思う反面、ハリーポッターの時のように1年に1部作ずつは上映されないんだろうなぁ…とも感じます。

 

昨年11月に公開されているのにも関わらず、また劇場によっては1日4回も上映されている映画館もあり人気があるんだなぁと思います。何年かけての5部作になるのかはわかりませんが気長に待ちたいと思います。



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ