映画うる星やつら2「ビューティフル・ドリーマー」の感想!極上の夢が詰まった傑作

スクリーンショット_013017_020956_AM

公開日:1984年

 



[スポンサーリンク]


感想

押井守監督の作品

かなり古い作品ですが、これを見なければ人生半分損していると思うほど一見の価値があると思うおすすめの一本です。原作は高橋留美子氏の漫画・アニメですが、脚本・監督はあの押井守さんです。

 

本作では押井さんが原作の登場人物を借りて独自の世界観を十二分に発揮しているため、単なる”うる星やつら”の劇場版という枠では収まりきらない傑作になっています。実際、本作は一連の劇場版の第二作目としての位置にありますが、シリーズの他の作品とは一線を画す完成度です。なので原作をあまり知らない人や、原作に興味がない人でも十分に楽しめる映画になっています。

 

話の流れ

ストーリーは、主人公たちが通う高校で行われる学園祭が舞台です。主人公のクラスも含め、生徒たちはみな数日前から学校に泊り込んで学園祭の準備に追われていますが、毎日毎日てんやわんやでなかなか作業が進みません。



[スポンサーリンク]




 

その内にひとりの教師が奇妙なことに気がつきます。それはこの「学園祭前夜」という一日は、実は毎日毎日同じ日がやってきているだけなのではないかということ。そこで巫女である別の女性教師に相談をします。

 

巫女の教師は最初は懐疑的でしたが、少しずつ調べていくとどうやらそれが事実らしいということに気がついていきます。やがてこのことを主人公の生徒たちも知ることになりますが、その時に明らかになるのは度肝を抜かれるような驚きの世界観です。

強烈な世界観

 

新しい世界ではもう学園祭などというものも、いやそれ以外の世界も根本から崩壊してしまいます。その中で主人公たちはさらに真実を求めていくのですが、たどり着いた真実の中には切ないような、甘いような、それでいて嬉しいような、極上の夢と愛があふれています。

 

原作の高橋さんが、出来上がったばかりのこの作品を公開前に初めて見た時に肯定的な反応をしなかったという話があります。きっとオリジナルにはない強烈な世界観が見事に表現されていたから、クリエイターとして素直に受け入れられなかったのではないでしょうか。ネタバレしないように曖昧にしか書けませんでしたが、見て絶対に損はないはずです。



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ