映画本能寺ホテルの感想!自分を変えた人にオススメ

スクリーンショット_013017_125727_AM

公開日:2017年

 

あらすじ

綾瀬はるか、堤真一、鈴木雅之監督という「プリンセス トヨトミ」のメインキャスト&スタッフが再結集し、本能寺の変の前日にタイムスリップした現代女性が織田信長の命を救うべく奔走する姿を描いたオリジナルの歴史ミステリー。

 

勤務先の会社が倒産し、職を失った繭子は、恋人の恭一からプロポーズされ、周囲の後押しを受けて婚約を決意。恭一の両親の金婚式を祝うため京都を訪れるが、手違いによって予約していたホテルに泊まることができず、偶然たどり着いた路地裏の「本能寺ホテル」にチェックインする。

 

すると彼女は、いつの間にか奇妙な寺の中に迷い込んでおり、そこは天下統一を目前にした名将・織田信長が滞在する1582年の本能寺だということが判明する。訳がわからないまま本能寺ホテルと安土桃山時代の本能寺を行き来し、信長や信長に使える小姓・森蘭丸と交流を深めていく繭子だったが……。

 

綾瀬がヒロインの繭子役を、堤が信長役を演じるほか、「ヒメアノ~ル」の濱田岳が蘭丸役で出演。

 

 

 



[スポンサーリンク]


感想

この映画は、このままの自分で良いとは思っていないけれど、でもどうしていいのかわからないという人に見てもらいたい。
私もそんな一人です。
自分には才能もないし、これといった能力もない。だから、やりたいと思うことがあっても私には無理だからと一歩は踏み出せない。



[スポンサーリンク]




 

でもこの本能寺ホテルという映画は、できるできないじゃない。やりたいという気持ちが大事で、やりたいと思うことがあるならやればいい。
そのことを、織田信長という歴史上の人物を通して教えてくれる映画です。
織田信長は、戦国の世を終わらせて平和な世の中にするために、当時は無理だと思われていた天下統一を目指して、できるできないじゃない!天下統一を俺はやりたいんだ!

 

そういった想いで突き進んで、あと一歩で実現できるところまで。
自分での実現は叶わなかったけれど、天下統一への道を作った人だった。

 

これは少しネタバレですが、明智光秀が謀反を起こすことを知っても逃げはせず、自分が逃げることで起こる先を考えて天下統一は秀吉に託し、自分が天下統一を成し遂げられなくても、それは別に自分ではなくてもいいんだ。一番の願いは、世の中が平和になることで、それが果たされるなら天下統一は誰が成し遂げたっていい。

 

歴史に疎い私でも、本能寺の変はもちろん知っていたけれど、天下統一を目指した信長の想いとかそういったところはちゃんと知らなかった。
歴史上の人物の中でも人気が高い織田信長。その理由がわかりました。

 

やりたいと思ったこと、どんな些細なことでもその気持ちが芽生えたことには、周りから無理だよって思われたって、自分でも難しそうだ無理だと思う前に、やりたいからやるんだ文句あるか!という気持ちで挑めばいいんだと思わせてくれた良い映画です。

 

やりたいことがあるけど一歩が踏み出せない方、今はやりたいことがないという人にも、やりたいことができた時に気持ちを奮い立たせてくれる映画だと思う。
映画って自分の考え方とかに影響を与えてくれる、改めていいものだと思いました。



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ