映画タイタニックのあらすじ・ネタバレ!レオ様がイケメン映画笑

スクリーンショット_012117_011446_PM

公開日:1997年

ベタですが、恋愛モノといえばレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットのタイタニックが有名です。当時私は小学5,6年生でしたが、どうしても見たくて母親にお願いして映画館に連れて行ってもらった記憶があります。

 

このお話は、身分違いの恋を題材にしたラブストーリーです。自由気ままなルンペンのような生活をしているジャック(レオナルド・ディカプリオ)という絵描きの青年と、ローズ(ケイト・ウィンスレット)という大変お金持ちの家のお嬢様が偶然同じアメリカ行きの豪華客船タイタニック号に乗り合わせ出会い恋に落ちます。

 

ローズは家族とローズのフィアンセとタイタニックに乗っていましたが、実はローズはフィアンセのことは好きではなく、本当は恋愛して結婚したいのに親に決められた相手との結婚に嫌気がさしていました。

 

もうこんなことならいっそこの船から身を投げてしまおうと、涙ながらに船の甲板にたって今にも身を投じようとしていたところ、偶然その様子を見た貧しい青年ジャックに命を助けられてしまいます。

スクリーンショット_020217_061054_PM

最初はなんで助けたのよ!とおこったローズですが、次第にジャックの前向きさに惹かれていき、この人と人生を歩みたいと、タイタニック号に積んである自動車の中で深い関係に。ですがタイタニックが氷山にぶつかってしまい、なんとその時船に亀裂が入りそこから浸水。タイタニック号は沈没することに。



[スポンサーリンク]




スクリーンショット_020217_061035_PM

ちょうどタイタニック号が浸水しはじめたとき、ジャックは良家のお嬢様に手を出したことがバレ、船の底の誰もこないような部屋に繋がれてしまっていました。チリジリに我先にと逃げる人々の波を逆走し、ローズはジャックを見つけ出します。なんとか繋がれたジャックを助けることができましたが、逃げおくれてしまい船が沈没するのと同時に二人は手をつないだまま波に飲み込まれます。

スクリーンショット_020217_061121_PM

幸運にも二人とも水面に上がってくることができら木の板にしがみついて命拾いをしますが、真冬の海は凍てつくような寒さ。ジャックはローズを板の上に上げ、自分は板にしがみついたまま体は海の中。

スクリーンショット_020217_061209_PM

低体温で、ジャックは力尽きてしまいます。ジャックの手を離し海の底に放つシーンが悲しくて印象的です。結局ローズはその後ジャック以外の人と結婚し孫までできますが、一度たりともジャックを忘れたことはありませんでした。

 

船にいた時の数日間しか愛しあえなかったのにこれほど一人の人を思い続けるなんて、素敵ですよね。若かりし頃のレオナルド・ディカプリオが素敵すぎて、ついついローズを自分に置き換えてうっとりしながら観てしまいます。



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ