映画GANTZ Oの感想予想を軽く超えた作品

スクリーンショット_012917_103603_PM

公開日:2016年

 

 



[スポンサーリンク]


感想

今までアニメ・実写映画と期待されてダメだった原作コミックは多々ありましたがGANTZも然りでした。

 

アニメ版は深夜という時間帯ながら原作に沿った内容を心がけていたようですが実際は残酷なシーンは全てカット。

 

しかも途中からBSに移行し本編とは関係のない内容で興ざめでした。実写映画は嵐の二ノ宮や松ケンなど若い世代に媚を売るような作品になりGANTZの持つ世界観を全て台無しにするかのような脚本は別物の作品と成り下がりました。

 

そんな中、CG作品化されたことを知り、いずれの作品も見てきたので正直、期待はせずに見に行ったのですが・・・。これがもう原作のファンのことを良く知った上での脚本にビックリしました!

 

今回の作品はコミックスなかでも盛り上がる重要なところなんですが、主人公の玄野は死亡していて登場しません。つまり大阪編のGANTZ Oは主人公不在です。ところがファンの心を初めから持ってったのがオープニングのシーンでいきなり前ステージのオニ星人編のラスボスと玄野のクライマックスバトルからなんです!



[スポンサーリンク]




 

これには度肝を抜かれました。そこには今まで表現できなかったバトルシーンの連続や美しさがあったんです。CGの出来も物凄く良くなっててとても滑らかでした。

 

大画面で観ても粗や違和感は無かったです。実写で大コケした理由のひとつに制作費があります。ご覧になった方は分かると思いますが2部作でした。

 

が、松ケンが2役、明らかに後編は制作費がかさみCGでのバトルが困難だったからです。俳優などの出演料がネックなんですね。だから2役にして実は敵でしたって陳腐な脚本にされてしまい、原作と違うことをするとファンにしてみるとガッカリです。

 

話を戻しますと今回の大阪編、実は登場人物が多いです。そこのところも実によく考えられていて無駄なキャストは省いてます。話の寄り道を削るという事をやっています。

 

時間にしても2時間くらいの内容なので理にかなってるんですね。この脚本を書き換えてしまっていたら駄作に成り下がっていましたが、とてもよく話がまとめられていて結果、キャラが増えなければCG作画や声優なども削減出来ていたわけで、これからのアニメ作品に大きな影響を与えた映画に仕上がっていると思います。観た人みんなが口にした言葉が「これなら最初から、第1巻からの内容で観たい」です。



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ