映画告白のあらすじ・感想

公開日:2010年

 



[スポンサーリンク]


あらすじ

とある中学校教師の森口(松たか子)は、突然特別なホームルームをスタートする。冒頭で自分の娘が亡くなり警察には事故として処理されたが実はこの教室内の人に犯人がいると言い出す。

そこで、事件の概要を語り始める。森口は母子家庭であり、娘の森口愛美(芦田愛)はある日中学校のプールで発見された。警察はこれをプールの周りで遊んでいたために足を滑らせて転落し溺死と判断。

最初は少年A、少年Bとして名前を伏せて事件の詳細を語る。少年Aの家庭環境は良好で母親は息子を溺愛し、何不自由のない生活をおくってきていたが勉強についていけなくなりカリカリしていたところ少年Bに突然森口の子供を・・・と話をもちかけられ、興味本位で参加した。

 

結果本当に愛美を・・・った。その後少年A、少年Bの実名を他の生徒たちにも伝え、家庭環境や事件後の2人の変化周りの変化、恐ろしい復讐がみどころ。人間の心理を利用した復讐を遂げる。

 

 

感想

近年に青少年による事件が増え、一見本当にありそうな話に思えました。さすがに森口のように夫がエイズで血液を牛乳に混ぜて犯人に飲ませるというような復讐を思いつくことはないとは思いますが、親としては子供を奪われたら何らかの形では復讐を考えるだろうと思います。



[スポンサーリンク]




 

犯人少年Aは森口に以前指導を受け腹を立たせていた下村直樹(藤原薫)と少年Bの自分は頭がよいと少し世間を小馬鹿にしている渡辺修哉(西井幸人)が愛美にいたずらをし、結果的に・・・ったことを2人が罪悪感で押しつぶされそうだったらまた違っていたのかもしれません。

 

しかし、直樹のように実は繊細な子供に対してと几帳面な母親(木村桂乃)はただただ自分たちで追い詰められていき最後は自滅。渡辺のような家庭環境の恵まれずただ一人の回路ですごしてきた少年には自己愛が強く固定観念も強いでの結果的に再犯を起こすように仕向ける森口の戦略は警察にただぶちこむより結果的にグロテスクで最悪な復讐だったと思います。

 

ラストは鳥肌がたちます。こういうことか…と思うことでしょう。小説を忠実に再現してあり見ごたえのある作品だったと思います。しかし、犯人とはいえやはりまだ子供なんだなと見受けられるシーンが何度か見られます。

 

私は、この映画を見てその辺の中学生が少し怖くなりました。少し大人の顔と体つきをしはじめたは子供は「イライラする」、「自分の知性の現れを証明する」ために人を殺すことがある。

 

育った家庭環境、友人でよくも悪くもなるように思います。青少年が犯罪にあふれている今、見ていただきたい作品だと思います。見終わったあとは、体温が一度下がります。



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ