映画海よりもまだ深くのあらすじ・感想

公開日:2016年

 



[スポンサーリンク]


あらすじ

是枝裕和監督の作品で主演は阿部寛さんです。阿部寛さん扮する主人公の良多は、若いころに文学賞を受賞したこともあったが、現在では探偵事務所に勤めています。

しかし、プライドも捨てきれず、ギャンブルとも手を切ることができない毎日を送っていました。そんな、良多に愛想を尽かして、妻の響子(真木よう子)は息子の真吾を連れて、離婚してしまいます。

月に一度の養育費を払う時だけが良多と真吾のふれあいなのですが、良多は真吾のためになんとか金を工面してでもプレゼントを買ったりしていました。そんな、良多を団地で1人暮らしの良多の母淑子(樹木希林)は暖かく見守るだけなのですが、やはり息子のことが心配で何とか元のさやに納まってくれないかと願う日々でした。

 

そして、ある時、いつものように養育費の支払いの日に、たまたま3人で団地の淑子のことを訪ねることになったのですが、思わぬ台風のせいで一夜をともに過ごすようになるのでした。

 

感想

阿部寛演じる主人公の良多は、昔の栄光や自分のプライド、そしてあきらめきれない未来に踏ん切りをつけれないような謂わばどうしようもないような人間像なんですが、それでもそれなりには生きてはいます。



[スポンサーリンク]




 

現実の世界でも、どうしようもないことやあきらめきれないこと等にさいなまれながら人は生きていくのだと思いますが、樹木希林演じる良多の母淑子が映画のなかで呟いた一言が印象に残っています。それは「人は何かをあきらめないと幸せにはなれない。」といったものでした。

 

母淑子自体も亡き夫との結婚生活自体に大きな喜びをみていたわけではなく、小林聡美演じる長女千奈津夫婦も娘の習い事の費用等を無心にくるし、作家になるとかいう夢をすてきれずにいる一人息子にいたっては大した仕事にもつけていなくて金にも困っているようだ。

 

そして結構気に入っていた嫁とその息子と離婚してしまうしといったこれだけ書くと完全に不幸をせおってしまっているかのような設定なのですが、団地のなかでクラッシクを聞く会に入って、そこの世話をしている橋爪功演じる仁井田にほのかな思いをよせたりと、それなりに楽しみを見つけて淡々と日々を暮らしています。

 

自分達の日常というのも同じで、何か満たされないものがあったり、頑張っているつもりでもうまくいかにこともあったりというなかで、それでも日々いいことも悪いこともありながら穏やかにそれを受け止めていきていかなければいけない、いきていくしかしようがないんだろうなというのがじんわりと伝わってくるような映画でした。



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ