映画残穢(ざんえ)住んではいけない部屋の感想!霊のルーツを探すミステリー作品

公開日:2016年

 



[スポンサーリンク]


あらすじ

読者から送られてくる実体験をつづった手紙から小説を書く女流作家のもとに届いた一通の手紙。その内容は、自分の住むマンションから変な音が聞こえるというものでした。

 

作家である私は手紙の主の久保という女子大生がら内容を聞いているうちに、以前そのマンションに住んでいた住人が自ら命を絶ったことを知ります。

 

その謎を二人で追求して行くうちにマンションのある土地にまつわる忌まわしい過去を知ります。しかし更に時代を遡り調べてゆくうちに驚愕の真相を突き止め、彼女達はその地へ向かいます・・・という話です。

 

感想ネタバレあり

前情報無しで見ましたが正直単なるマンションの一室にまつわるありきたりなホラーだろうと思っていました。出だしの内容からもそうであろうという感じがしました。

 

しかし実際は心霊現象のルーツをたどるという物語でした。まずはマンションの部屋の過去の住人を探しますが自殺していました。ここから一つだった謎が二つに分かれます。このパターンでマンションのある土地の過去を調査してゆくにつれ謎が枝分かれしてゆきます。この流れは完全にミステリーです。



[スポンサーリンク]




 

そして途中からホラー作家と、霊マニアの若者が合流します。ここから話は一気にジャパニーズホラーへと展開します。この二人の参加により、枝分かれした謎が一つにまとまります。

 

つまり根源は一つだったのです。そしてそのルーツとなる廃墟へ侵入するシーンは正直怖かったです。それまで徹底的に謎を調べてからの侵入ですから心底怖さが沸いてきます。更に昼間に侵入すればいいものを夜に入るとはヤメてくれという心境でした。

こうなるとラストの展開が期待満々でしたが、ちょっとがっかりでした。真相の究明を途中でやめたまでは良かったですが、最後の最後に関係したメンバーに霊が襲ってくるという終わり方は何かそれまでの流れが全て無駄になっているように思えました。

 

ラスト寸前まで素晴らしい内容なのにラストがありきたりのホラーのエンディングなのです。つまりまだ終わっていないぞ!というパターンです。この流れの中で何がいいのかはわかりません。しかしホラーファンが見れば斬新な内容の最後にこれでは納得が出来ません。

 

全体を見て映画としてはいいと思います。俳優陣もいい演技です。過去を知る生き証人の人達もいい怖さを演じています。最後まで気になっていたのは久保さんの隣に引っ越してきた親子3人でした。

 

結局夫が妻と子供を殺害し自殺しましたが、登場してきた時に伏線を感じました。この辺は上手い作りだと思います。ホラー映画ファンのみならず、全ての映画ファンが楽しめる作品です。真剣に見ていたら確実に後半は怖いです。



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ