映画ハリーポッター 賢者の石の感想ハリーが可愛い笑

スクリーンショット_013017_014011_AM

公開日:2001年

 



[スポンサーリンク]


感想

ハリーポッターシリーズの1作品目である
賢者の石には、魔法使いらしいシーンが沢山登場してきます。例えば、魔法の杖を購入するシーンでは自分になってない杖があったり、自分にぴったりの杖があったりとすごく見入ってしまうシーンです。他にも、魔法学校へ向かうための電車は本来ないはずの9と4/3番線です。

スクリーンショット_020217_062758_PM

分数のような数字で表される乗り場番号は、
壁の中にあります。これはまったく思いつかない斬新なアイディアだと思いました。

 

組み分け帽子

スクリーンショット_020217_062826_PM



[スポンサーリンク]




また、魔法学校では寮に組み分けられますが、
その寮を決めるのはなんとしゃべる帽子!

 

悪の道に落ちた魔法使いがほとんどスリザリンという寮に入っていると聞いたハリーポッターはグリフィンドールに入りたいと願うとその願いを叶えてくれる。初めてそこでハーマイオニーグレンジャーロンウィーズリーとも仲間意識が出たと思ういました。
ホグワーツ魔法は魔法で守られているので、
階段は常に動くし、飾られた絵の中の人物はしゃべりだします。みていてその世界に入ってしまいます。すごくおもしろいです。

 

クディッテ

他にも、クディッチというスポーツがあります。こちらはほうきに乗った魔法スポーツです。
やってみたいときっと思うはずです。
暴れ玉をかわしながら、小さくて早い玉をつかんだ方の勝ちです。大怪我をする生徒もいるほど危険なスポーツだか、やってる人はみな実力の持ち主である。ハリーポッターは親譲りのシーカーでした。

 

シーカーとは小さな玉を掴むことに専念するポジションだ、かっこよかったです!この作品は1作品目ですので、ハリーポッターとその他の登場人物の出会いです。もちろんハリーポッターを含め、ハーマイオニーやロンウィーズリーなどもハリーポッターシリーズで最も幼い作品です。

 

死の秘宝パート2までの全てを見るとみんなの成長が見れます。
やっぱり賢者の石はハーマイオニーが小さくて可愛いと思いました。成長するとものすごく綺麗になります。是非ハリーポッター賢者の石、また全てのシリーズの鑑賞をしてみてください。



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ