映画ヒロイン失格の感想ネタバレ!四角関係

公開日:2015年

 



[スポンサーリンク]


簡単なあらすじ

松崎はとり(桐谷美玲)は寺坂利太(山崎賢人)の事が小さい頃から大好きで、自分の事を「ヒロイン」と思っているとっても可愛い女の子です。
しかし、利太はおとなしい安達さん(我妻三輪子)と付き合う事になってしまいました。

とそこへ弘光慶祐(坂口健太郎)がはとりの目の前に。弘光はイケメンです。本当にかっこいいけど、はとりは利太が好きだからなかなか好きになりません。

感想ネタバレあり

はとりの行方

私はなぜ利太がはとりとすぐにくっつかなかったのかが不思議でした。いつも一緒にいて、はとりはとってもかわいいのに。
利太と安達さんもいい感じだったけど、やっぱり利太とはとりはくっついてほしいって思っていました。



[スポンサーリンク]




 

弘光はイケメンだから、はとりとくっつく可能性もあるのかなぁと思っていましたが、はとりは全然でしたね。
でも利太は安達さんと付き合っているのにはとりの事好きなんじゃない?って思う場面がたくさんありました。
はとりが離れられない理由がそこに見えました。あんなに思わせぶりな態度を見たら、諦めたくても無理ですよね。

 

はとりのいろいろ作戦をたてて、利太と付き合おうとするのは女の子の気持ちをすごく表しているような感じがしました。共感できる部分がたくさんありました。

 

私が突き刺さったのは祭りの場面での弘光の「はとりちゃんのこと心配しているフリして、結局は自分の事を好きでいてくれるはとりちゃんを手放したくない。それって残酷じゃない?」という言葉。本当だなぁと思いました。利太は本当ははとりが一番大事なのに、母親が自分の所からいなくなった事がトラウマで、はとりと付き合えなかった。

 

利太にも思いがあったのですね…。
弘光の行動や言葉でだんだん利太の気持ちがはとりに向いていくのが手に取るようにわかり、素敵でした。
また、はとりの利太へのまっすぐな気持ちが素敵すぎて感動しました。

 

安達さんの気持ちも共感する部分がたくさんありました。他の人にとられてしまうかもしれない時、どうしていいかわからず、心配をかけて気を引こうとしてしまう…。そんな女の子もいますよね。

みんなのいろんな感情が、共感する部分がたくさんあり、涙なしでは見れませんでした。

最後はみんな本当の気持ちを相手に伝える事ができ、利太とはとりがくっついて良かったと思いました。

それにはとりの天真爛漫な所と変顔や変な行動が本当にかわいく、美玲ちゃんの違う一面が見れた、おもしろい作品でした。
毎回変わるはとりの髪型もとっても可愛かったです。



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ