映画サカサマのパテマのあらすじと感想

公開日:2013年

 

 

 



[スポンサーリンク]


あらすじ

「かつて、多くの罪人(つみびと)が空に落ちた」
空を見ることさえも禁止され、空を忌み嫌う世界・アイガ。その中でも空への興味・関心を失わなかった父を持ち、自身も父と同じく空へ強い関心を抱いている少年・エイジ。

しかし、エイジの父は空へと飛ぶ乗り物の運用実験中に事故で命を落としてしまう。その後、エイジは空を忌み嫌い、システム化された生活を強いる世界と、その世界を押し付けられることへの鬱憤を募らせながら日々を過ごしていく。

 

しかしエイジはある日郊外で自分とはサカサマの状態で崖の底から浮かんで地上にやってきた少女・パテマと出会う。パテマは重力がエイジたちアイガの住人と逆方向に働いており、何かに捕まっていないと空へと落ちていってしまう。

自分ひとりでは動くこともできないパテマを匿い、協力する事を決意したエイジはパテマや他の地下世界の住人たちと触れ合いながら、アイガと地下世界の隠された真実を目の当たりにする。



[スポンサーリンク]




 

 

感想


まず、「手を離したら、彼女は空に落ちていく。」というキャッチコピーがおもしろい。初めて目にしたときは疑問符が浮かんだものだが、いざ見始めてみると、なるほどと納得がいく。

 

視聴者はアイガ世界の住人と同じ間隔で地を踏み、空を見上げる。しかしパテマたち地下世界の住人はそれが真逆である。彼女らは私たちが地だと思うものを空と感じ、空と感じるものを地だと感じる。

 

天井や何か捕まるものがないと、パテマはどんどん空へと浮かんでいってしまう。パテマにとっては底のない場所へとひたすら落ちていってしまうのだ。

 

その恐怖とはどれほどのものだろう。作中でパテマが空へと落ちていくシーンがあるのだが、それを見ているだけでもヒヤリとさせられる。そしてそれは地下世界へと趣いたエイジにも言えることである。

 

地下世界だと、エイジもパテマと同じく何かに捕まっていないとひたすら落ちていってしまうのだ。しかし、その恐怖を振り払い、エイジはパテマを、パテマはエイジを信じて踏み出していく様は感動できるシーンである。

 

そしてなにより、どんどん明かされていくアイガと地下世界の謎・真実がおもしろい。アイガの君主・イザムラの妨害で空へと落ちていったパテマとエイジだが、やがてあるはずのない天井へと行き着く。

 

エイジたちアイガの住人が見ていた空は、ただ天井にライトアップされ映し出された空だったのだ。ここでエイジの父親の作った飛行機械と、残した手記が見つかりどんどん謎が解き明かされていく切っ掛けが見つかっていく。

 

次々と解き明かされていく真実、深まっていくエイジとパテマの信頼関係、あらゆるものが繋がっていく感覚は是非体験してもらいたいものである。



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ