映画かもめ食堂の感想!おいしい料理を食べるかのように見る

公開日:2006年

 



[スポンサーリンク]


感想

フィンランドのヘルシンキを舞台に、3人の女性が食堂をやることになるお話。
淡々と、淡々としている。
日本を出て、海外に和食を広げるんだ!という意気込みとか、食堂を軌道に乗せるまでの苦労とか
そういうお話ではない。

普通の日本食を、普通に、この場所で食べたいっていうだけの。
たまたまその国にたどり着いた人と、たまたまそこにいた人たちで
営んでいく食堂で、特に大きな事件が起こるわけでもなく

 

お客さんとのささいなやりとりや、食堂内での丁寧な仕事や、人が生きてる空間にある
音とか匂い(これは想像だけど)そういうものが映画の中に閉じ込められている。
誰かの生活をそのまま覗いてるようで、ちょっとした旅行気分になれる。

 

この人たちは、別に、外国人にはなろうとしていない。
どこにいても、その人でいる。ただただ、その人である人が
外国の見慣れない風景の中にポツンといると、より一層
その人のその人らしい外観が浮かび上がってくるような気がする。



[スポンサーリンク]




この映画はその人達のこれまでの人生の背景や、何を思っているかとか
そんなに深くは探っていかないけれど、その人の佇まいだけで、それを説明してしまう。
いろいろなことがあってここにいて、それはそれで別にそんな重要なことではない。

 

と、いろいろなことを手放してるように思える。
そして、それはとても自由で気持ちよさそうに見える。

 

物語がなくては映画にならないのだろうか、物語なんて背後に少しBGM的に
そこに映る存在を引き立たせるくらいでいいのではないだろうか。
というシンプルさを感じる。

 

お茶の湯気が立つところ、おにぎりに湯気がたつところ
ひとつ、ひとつのシーンがふわっと思い出される。
寒い地域だから、温かいものがありがたい。

 

異国で生活も大変な地域だから、もっともっと描こうとしたらいくらでも
描くことはあったはずだが、それらを極力排して、必要なものしか
入れていないという、何気ないものばかりだけど、とても厳選されたシーンの積み重ねが
そこにあって見終わった時には、美味しい料理を食べたかのごとく、ほっとさせられる。

 



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ