映画塔の上のラプンツェルのあらすじ・感想

公開日:2010年

 



[スポンサーリンク]


あらすじ

ゴーテルという魔女は、大昔から若返りの力を持つ花によって自分の美貌を保ってきた。ある日、国民から深く愛される、国の女王が大病を患ってしまう。実はその花には病気を治すという力もあり、その花の噂を聞いた国民達は、女王の為花を探し始める。

 

そしてとうとう、崖の上に咲く一輪の光り輝く花を見つけたのであった。女王がその花を煎じて口にすると、何とその花は生まれてきた娘に受け継がれ、輝く黄金の髪として現れた。

 

花が無くなっている事に気が付いたゴーテルは、慌てて王宮へと忍び込む。娘の髪を切って持ち帰ろうとしたが、切り落とした瞬間、髪はその花の効力を失ってしまう。

仕方なく、ゴーテルはその娘を連れ去り隠れ家へと逃げ帰ってしまった。そして18年の年月が過ぎ、18になった娘は今まで塔に閉じ込められていた為、外に出てみたいと母親に懇願する。しかしゴーテルはその願いを無碍にし、二度とそんな事を言うなと命令するのであった。



[スポンサーリンク]




感想

数々の名作を世に発信してきたウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ長編作品の、記念すべき第50作目である。2010年に公開され、日本版の声優には中川翔子が起用された。

 

原題は、グリム童話「ラプンツェル」。最も実際のグリム童話はエロスやタナトスが描かれたかなり大人向けの内容となっている為、子供でも楽しめるようハードな部分は改修している。もしも原作に興味がある場合は、衝撃を受ける事を覚悟して挑戦してみるのもよいかもしれない。しかしその後今作を純粋な気持ちで見られなくなったとしても責任は負いかねる。

 

筆者が、今作の大きな特徴であると感じている点は「王子様至上主義」の崩壊である。今までディズニーの長編映画では、例えばシンデレラや白雪姫など、顔立ちがよく育ちもいい、完全無欠な王子が、プリンセスの為に魔女やドラゴンと戦う、といったまさしく「王子様至上主義」なストーリーが多かった。

 

しかし今作の”王子”ポジションであるユージーンは顔はよいものの、身分は泥棒である。最初はプリンセスを騙して利用しようとするなど、今までの王子からはかなりかけ離れた存在となっている。優しい王子に憧れる少女にはあまり好かれないかもしれないが、チョイ悪が好きなお姉さま方にとってはまさに理想像といってもいい。

 

ある意味ファン層を広げたともいえる一作かもしれない。
そして、ディズニー作品なので最早言及するまでもないかもしれないが、劇中歌が素晴らしい。ただ改修しただけではなく、古き良きディズニー要素もしっかりと受け継いでおり、昔ながらのファンも新しい視聴者にとっても楽しめる作品となっている。



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ