映画あやしい彼女のあらすじ・感想

公開日:2014年

 

 



[スポンサーリンク]


あらすじ

韓国で大ヒットした映画「怪しい彼女」を、「舞妓Haaaan!!!」や「謝罪の王様」の水田伸生監督のリメイクにより誕生した娯楽映画です。主演は多部未華子さんで、大鳥節子という「見た目は20歳、でも中身は73歳」という役どころをその歌唱シーンも含めて魅力的に演じています。

 

その他に、実際の73歳の大鳥節子こと瀬山カツを倍賞美津子さんが、大鳥節子の束の間の恋人小林拓人役を要潤が、瀬山カツの娘瀬山幸恵を小林聡美さんが演じています。物語は苦労して一人娘を育ててきた瀬山カツは、ある時ふとした感情のすれ違いからの親子喧嘩が原因で家を飛び出してしまったのでした。

 

しかし、行くあてもないカツは街の不思議な写真館で写真をとることにしました。そして、写真館を出てくるとなんと身体は20歳の頃に若返っていたのでした。それからは、大鳥節子として孫のバンドのメジャーデビューのためにボーカルをかって出ることになったのでした。

 

感想

映画自体もあきさせないストーリ展開ですすんでいくのですが、なんといっても圧巻なのは、大鳥節子こと多部未華子さんの歌唱シーンです。飛び入りののど自慢で歌う「見上げてごらん夜の星を」で感動し、路上ライブで歌う「真っ赤な太陽」でテンションが上がり、テレビ中継の場面で歌う「悲しくてやりきれない」で多部未華子さんとともに涙があふれてきました。



[スポンサーリンク]




 

そしてラストのフェスではそれまでの昭和歌謡と違いイマフウの「帰り道」という歌で会場を熱狂の渦に巻き込んでいくのですが、完全に自分も鳥肌を立てながら呑み込まれてしまいました。映画のなかの作られたシーンとわかっていても一緒にその場にいるかのように感動してしましました。

 

ストーリーの方は、戦後苦労してやりたいこともやらずに子供を大きくしてきたものの、いまでは大きくなった子供には自分は必要ないし、いまさらやりたいことや自分の居場所はないしといった、

 

現実でもよくある話を、20歳の自分に若返らせてくれてもう一度人生を生きなおしてみるという内容なんですが、結局は、やりたいことができていろんなものが手に入るとしてもそれだけでは人は満足することができず、やり直しが許されたとしても同じ人生を選択してしまうだろうというのが、根底にあります。

 

そんなありふれたテーマなんですが、それを多部未華子さんや倍賞美津子さん、小林聡美さんといった俳優さんたちが飽きさせることなくみせてくれます。許された、与えられた人生のなかで一生懸命生き、楽しむしかないというのを、明るい気分で改めて認識させてくれた映画でした。



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ