映画レッドドラゴンのあらすじ・感想

公開日:2002年

 

 



[スポンサーリンク]


あらすじ

FBI捜査官であるウィル・グレアムは、天才精神医学博士であるレクター博士に助言を受けながら自らの仕事である事件の解決を行っていた。しかし、レクター博士は食人を行う猟奇ハンターでもあった。

 

グレアム捜査官はレクター博士と接していくうちに彼の正体に気付き始め、彼を追い詰め刑務所に送ることに成功した。しかし、レクター博士に重傷を負わされ、精神的にも大きな負担を負っていたグレアム捜査官はFBIを退職し、家族とともに静かに過ごしていた。

 

ある日、一家全員が倒される事件が発生しFBIの局長を務めていたクロッフォードはFBIを退職していたグレアムに捜査に助けを求めた。

 

しかし、グレアムの力をもってしても捜査は進展せず、ついに彼は自らが刑務所へ送ったレクター博士に助言を求めようと刑務所を訪れる。レクター博士は刑務所内からグレアム捜査官にヒントを与え、少しずつ犯人像や犯人の目的などが明確になり、ついに犯人を捉える。



[スポンサーリンク]




 

感想

ハンニバルレクターシリーズ3作品目にして、時系列では1番最初の物語であるレッドドラゴン。今回特筆すべきはやはりレクター博士の存在感。映画の序盤こそグレアムと戦いを繰り広げていたが作品のほとんどの時間を刑務所で過ごしていたにも関わらず、映画を見終えた後でレクター博士の存在感の大きさに気付く。

 

グレアムへ口頭でヒントを与える傍らグレアムらが追っている犯人にも新聞記事を通じて指令を出していたあたりは彼の天才さをうかがえるだろう。また、今回犯人であるダラハイドの考えも非常に特別であった。犯人がもともと虐待に遭っていたりということはよくある設定だが、その後絵画に影響され自らを神と信じ込むというのは初めて見る人にとっては少しながら驚きがあるだろう。

 

箇所は違えど自らと同じ障害を持つ女性との出会いで徐々に人間らしさを取り戻していくあたりの描写も非常によくできている。ダラハイドは作品内では「噛みつき魔」という立場にあり、いわば人間よりではなく化物よりと言ったほうが正しいかもしれない。

 

映画終盤のグレアム家での戦闘の際も致命傷をもらってもなかなか倒れないところはその彼の化物ぶりを表しており納得する人もいると思う。その反面、人間である限り攻撃されても死なないということはなくダラハイドの強さに少し違和感を持ってしまう人もいるかもしれない。

 

作品の全体を通してみると非常によく作りこまれており、各キャラクターの特性が死なずそれぞれがそれぞれの場面で活きていた。レクターシリーズを2作品目まで見た人にはもちろん、まだ1作品も見ていないという人にもお勧めできる作品である。



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ