映画ゴーンガールのあらすじ・結末!ある夫婦のよくある物語


2014年に公開されたデヴィットフィンチャー監督作品。

 



[スポンサーリンク]


あらすじ

簡単な筋書きは、ある日妻が行方不明になり、色々と状況証拠が見つかり夫が疑われたけど、その状況証拠は妻の偽造だった。
妻は隠れて夫が死刑になるのを待っていたけど、隠れ先で強盗にあってお金がなくなり、ある男を利用して誘拐されたこと計画を変更して、
男を殺して脱出。夫の元へ戻って幸せな夫婦になりました。ちゃんちゃん。

 

酷い筋書きですが、大体あってます。
この映画はジャンル分けがサスペンスになっていることが多いのですが、「結婚」をテーマにしたブラックコメディです。
この記事のタイトルを「ある夫婦のよくある物語」にしたのも、そういう意図です。

 

この映画の主人公は二人いて、夫のニック・ダンと妻のエイミー。
ニックを演じるのは、間抜けなプレイボーイ役が多い、ベンアフレック。この映画でも、駄目な夫あるあるがてんこ盛りの役を演じています。

 

駄目なところとして、自分の地元に戻って、妻の地元を無視。若い女と軽はずみに浮気。ゲームして、だらだらと休日をつぶしていく。
しかも、妻の殺害容疑をかけられマスコミに注目されている最中にも、浮気心が止められず逢瀬を交わす。

 

バカで想像力がない男です。これは駄目な夫を誇張してキャラクターを作ると、こうなりますよって事。
そして、妻エイミー。演じているのはロザムンド・パイク。



[スポンサーリンク]




 

夫を罠に嵌めるために、まずは外堀をうめていくやり方は、勝手なイメージですが妻がよくある手段ですよね。
ママ友を作って、夫の愚痴を聞きあって主人の悪いイメージを作っていく。そして攻撃するときは、エイミーが頼まなくてもママ友が勝手に喋ってくれる。

 

今回はカメラですが、人々の前で大げさにパフォーマンスをして同情を買う。弱さを女の武器に変えて追い込んでいく姿は大なり小なり見覚えのある光景です。

 

ラストシーン

妻エイミーが戻ってきて、ニックは彼女の計画と本性を知りながらも彼女との結婚生活を余儀なくされます。
警察など本性を疑っている人や知っている人もいますが、打つ手がなく二人元を離れました。

 

そして、ニックは結婚生活は破綻していて、もう二人でいることは出来ないというが、エイミーは「なぜ?」と問いかけます。
離婚してもあなたにいいことなんて、何もないのよ。そんな事をしたら、世間から非難され続けるだけよ。それでも抗おうとするニックだったが。

 

「あなたの子供が出来たの」
その言葉を聞いて観念するニック。精子バンクを利用し、彼の子供を妊娠していたエイミー。なぜだ、なぜそんな事をする。破綻した二人が世間の目だけを気にして暮らしていくことに何の意味があるんだ。

 

そう問いかけるニックにエイミー微笑みかける。
「結婚って、そういうものよ」

 

この映画はデヴィットフィンチャーが世の中の駄目な夫に向けて、妻は怖いからご機嫌とっておかないとこうなりますよって事を描いたブラックコメディです。



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ