映画ショーシャンクの空の感想!人の心とは・・・

公開日:1994年

 



[スポンサーリンク]


感想

この映画は名作中の名作で観た人が必ず高評価をつけるような素晴らしい映画です。内容は冤罪で捕まった男が脱獄し、人生のどん底からどのように這い上がっていくか。またそれを見る周りの人やそれに関わっていくるいろんな人との関わりを含めての共感や尊敬をする作品だと思います。

希望は誰かが与えてくれるものじゃない毎日を平然と過ごしている人には訪れることのない奇跡の話だと思う。アンディは私にとって尊敬に値する人である。なぜこの人こんなに強いのか。誰も彼の心の中の深い所には入ることができない。彼を本当の意味で倒すことができない。

 

僕がアンディに共感するのは希望を失わないこと、努力をすること、生きるために毎日何かの意味を見出すこと、芯となる自分を決して見失わないことです。これは人生の教訓になると思いました。



[スポンサーリンク]




 

ただアンディーがこれらを実行できたことは非常に稀であり、自分に自信を持ち、愛を持っている人だけが可能だと思います。アンディは冤罪で囚人となりますが、それと全く正反対の人間の心を持った人物であると思います。アンディーのように芯を持った男はなにがあっても変わらない。自分が信じる道を決して見失わない。そしてチャンスが巡って来たとき、またチャンスをたぐり寄せたとき彼は決断ができる強さ。

 

彼をずっと見ていたレッドのことも非常に共感思ってます。レッドはブルックスとのことを見て自分も同じような人生になる。最後は結局外の世界では生きていけない人間で希望なんかないと。ただアンディの絵葉書を見て彼は決意をすることができる。

 

そこまで人を信頼できる心も素晴らしいと思います。心が純粋だと思う。何もないと思っていた人生に彼を1つの光を信じることができた。そして最後に自分に勝ちます。

 

不安や迷いに負けそうになりながらもきっとこの先ふたりはあの島で成功収めることができると思う。そして最後は様々な仲間に囲まれながら幸せな笑顔で最後を迎えることができると思う。

私もそんな人生を送りたいと思う。様々な仲間に囲まれながら笑いながら最後の瞬間この人生で良かったと思える毎日を過ごしたい。そんな日々は1日1日の積み重ねであること。

 

そして今毎日平穏で無事に暮らせてることこれはほんとに奇跡に近いことだと。ニュースでも様々な事件があり毎日不謹慎な事件が起き、そんな世の中で自分を信じながらまた誰かを信頼しながら本当の意味での幸せを手にすることが人生の最大の終着点だと思う。私の中に迷いがあったとき、また悲しくて打ち拉がれる時もぼくはまたこの映画を見て前向きのことができると思う。

 



[スポンサーリンク]


コメントを残す

このページの先頭へ